妊娠期
妊娠中期

妊娠中に歯医者に行っても大丈夫?妊婦さんの歯と口のトラブル

最近のママは、つわりで気持ち悪くてちゃんと歯をみがけていないみたい。「親知らずが痛くなってきたけど、そのせいかなあ…」って、ため息をついてる。でも、わたしがおなかにいるから、歯医者さんに行ってもいいのか迷ってるんだって。パパもママの様子が気になってるみたい。早く楽になってほしいなあ…。

妊娠中はつわりや体調不良で歯みがきがしづらくなったり、女性ホルモンの増加によって、体だけでなく口の環境も変化するので、むし歯や歯肉炎などのさまざまな口のトラブルが起こりやすくなります。ここでは妊娠中のオーラルケアのポイントや、歯と口のトラブルを防ぐための方法を紹介します。
※記事監修:坂部 潤(小児歯科医、歯学博士)

妊婦さんの歯科受診は体調が安定してくる妊娠中期(5~7ヶ月頃)がおすすめ 妊婦さんの歯科受診は体調が安定してくる妊娠中期(5~7ヶ月頃)がおすすめ

妊娠中に起こりやすい歯と口のトラブル

口内環境が大きく変化する妊娠期間

昔の人の言い伝えで、「妊娠するとおなかの赤ちゃんに歯のカルシウムを奪われるから、歯が悪くなる」「子どもを1人生むと、1本歯が抜ける」などというものがありました。これらはもちろん事実ではありませんが、妊娠すると口内環境が変化して、むし歯や歯肉炎などのトラブルが起こりやすくなるのは本当です。

まず、妊娠をすると女性ホルモンが増加します。その影響で歯ぐきが腫れやすくなったり、出血しやすくなったりします。また、だ液の量や質が変化するので、だ液の量が減少して口の中がネバネバしやすくなります。だ液の量や質が変化することで、だ液の働きも低下してしまうので、口の中の細菌が増えやすくなります。口の中もむし歯になりやすい酸性に傾きやすいので注意が必要です。

口内環境が大きく変化する妊娠期間

つわり期間や妊娠後期に、むし歯のリスクが高まりやすい

さらに妊娠中は「つわり」が原因で、歯ブラシを口の奥まで入れるのが難しくなり、うまくみがけずに不衛生になりやすくなります。また、食べものを口に入れていないと気持ち悪くなる「食べづわり」の人は、間食のペースが増えてむし歯のリスクが高まります。

妊娠後期になって胃が子宮に圧迫され、食事を少しずつしか食べられない時期も、食事の回数が増えるので必然的にむし歯になりやすくなります。

妊娠中はむし歯や歯周病、口内炎などに注意

女性ホルモンの影響によって、これまで口のトラブルがなかった妊婦さんでも、口の中の環境が悪くなりやすいです。不衛生になり、口臭や口内炎に悩まされる人もいます。

親知らずの周辺が炎症を起こす「智歯(ちし)周囲炎」になる妊婦さんもいます。親知らずが横や斜めに生えてきた人は、ただでさえ汚れが落ちにくいのですが、妊娠時はつわりや体調不良によってみがく回数が減ったり奥のほうを丁寧にみがけなかったりするので、腫れて痛みが出やすくなります。また、口内環境が不衛生になり、歯周病になると、早産や低体重児出産のリスクも高くなりやすいといわれています。

妊娠中はむし歯や歯周病、口内炎などに注意

こうしたトラブルを防ぐには、妊娠中も体調に合わせてオーラルケアを行うことが大切です。

妊娠中のオーラルケアのポイント

体調が悪い時の歯みがきで気をつけたいこと

つまようじの先ほどのわずかな歯垢(=プラーク)には、およそ2億もの細菌がいるといわれています。歯みがきの時は、歯垢をしっかり落とすように意識することが大切です。

オーラルケアの基本は、食事のたびに歯をみがくことです。ただし、妊婦さんの場合はつわりなどで歯ブラシを口に入れるのがつらい時もあると思います。そんな時は無理せず、体調がよい時にみがくようにしましょう。今なら大丈夫という時にこまめにみがいて、体調が落ち着いてきたら「食べたらみがく」の習慣に戻しましょう。

ただし、できるだけ寝る前の歯みがきはしっかりしましょう。寝ている間はだ液の量が減少して、口の中の細菌の数が増えやすくなるためです。

妊娠中に体調が悪い時の歯みがきで気をつけたいこと

吐き気をおさえる歯みがきの仕方

つわりの時は、口の奥まで歯ブラシを入れることで吐き気がこみ上げる人もいます。

吐き気を防ぐには、歯ブラシはなるべくヘッドの小さいもの(パッケージに「コンパクト」「スリムヘッド」などと書かれている製品)を選ぶとよいでしょう。また、歯ブラシを口の横から入れて小刻みに奥歯や親知らずをみがくようにすると、先端が奥のほうまでいきにくくなります。

また、歯みがきの時に首を曲げ、下を向いてみがくと、だ液が奥のほうに流れにくくなり、吐き気がこみあげてくる状態(嘔吐反射)が起きにくくなるといわれています。

テレビや音楽を流しながら、またはお風呂に入った状態でみがくなどの「ながらみがき」も、リラックスしてみがくことができます。

歯みがきグッズを上手に活用して

口の環境をよくするために、体調に合わせてさまざまなグッズを活用しましょう。

デンタルフロスは、歯ブラシでは届きにくい歯と歯の間にある汚れを除去してくれます。できれば毎日フロスを使うのが理想ですが、体調が不安定な妊娠期は、「体調が良い日のスペシャルケア」でも大丈夫です。ホルダータイプのデンタルフロスは指が口の中に入りすぎないですし、初めて使う人も操作しやすいです。

においがきついもので吐き気を起こしやすい人は、香味をおさえた歯みがき剤を選びましょう。やさしいミントの香味や、果物などの低香味の歯みがき剤などがあります。

歯みがきの代わりにはなりませんが、体調が悪くて歯がみがけない時には、洗口液が重宝します。洗口液には殺菌成分やフッ素を配合しているものや、歯ぐきの炎症をおさえて歯周病を予防するものなど、いろいろな種類の製品があるので自分の口の状態に合わせて選びましょう。

妊娠中のオーラルケアのポイント。歯みがきグッズを上手に活用して

妊娠中、歯医者に行ってもいいの?

妊娠中期がベスト

体調が安定してくる妊娠中期(妊娠5~7カ月くらい)の受診をおすすめします。妊娠初期や後期に、歯科を受診できないわけではありませんが、妊娠初期はつわりがひどかったり、流産の可能性があるなど母体が不安定な状態ですし、妊娠後期はおなかが大きくなるので、あおむけの姿勢がつらい場合があります。

妊娠中、歯医者に行くタイミングは妊娠中期がベスト

また、妊娠初期や後期に受診すると、場合によっては応急処置だけをして治療の時期をずらすこともあります。気になることがある場合は、まずは歯科医院に相談しましょう。

妊婦さんの歯科受診時に気をつけたいこと

受診の際には、妊娠中であることを歯科医に伝えてください。妊婦さんが使っても大丈夫な薬剤を使ったり、短時間で済む処置を行うなど、母体に配慮した治療が行われます。

また、もし妊娠糖尿病や妊娠高血圧症、貧血、おなかの張り、薬のアレルギーなどで産科の主治医の先生から注意をされていることがあれば、必ず歯科医にも伝えてください。歯科と産科が連携を取り、治療を進めることになります。逆に、親知らずの抜歯など大がかりな歯科治療を行う時は、産科の先生にも伝えておくと安心です。

自治体によっては、妊娠中に無料で健診が受けられるクーポンを配布していることがありますので、ぜひ確認してみてください。また、母子手帳には妊娠中の歯の状態を記録できるページがありますので、今後のために歯科医に記入してもらうといいでしょう。

定期的なメインテナンスが大切

歯科では治療だけでなく、歯ブラシが届きにくい場所の歯垢を除去したり、歯石や歯と歯ぐきの溝の汚れを取るクリーニングなどもできます。また、みがきにくい部分の効果的なブラッシング方法を教えてもらったり、歯の状態や歯並びに応じた指導をしてもらえる場でもあります。トラブルがあってから行くのではなく、定期的にメインテナンスを行い、何かあれば早期に治療を行えるようにしておくと安心です。

産後のママは忙しく、授乳やおむつ交換など赤ちゃん中心の生活になるので、どうしても自分のことは後回しになりがちです。なかなか歯科を受診する時間も取れなくなるので、今まで定期的に通う習慣がなかった妊婦さんも、ぜひ受診してみてはいかがでしょうか。

コラム

歯医者でのレントゲンは大丈夫?

妊婦さんでも、的確な治療を行うために、必要があればレントゲンを撮る場合もあります。通常の歯科で行うレントゲン撮影の放射線量は少なく、腹部からも離れているため、赤ちゃんにほとんど影響はありません。また、おなかを放射線からガードするためのエプロンも必ず着用します。受診の際には必ず妊娠していることを伝え、歯科医師に相談しましょう。

トップへ戻る