新生児・乳児期
生後6カ月~9カ月

離乳食の進め方、ポイントを解説

パパとママ、何食べてるの? わたしも食べたいな

パパとママがいつもおいしそうにモグモグ食べているものが、最近とても気になるの。いいニオイだなあ、おいしそうだなあ、どんな味なのかなあ? おっぱいもミルクもおいしいけど、あれも食べてみたい!
「おチビちゃん、僕らのほうを見て口をモグモグさせてるね」
「そろそろ離乳食、始めたほうがいいのかな?」ママがわたしのよだれを拭きながら、そうつぶやいた。

離乳とは、体に必要な栄養分をずっと母乳やミルクから摂っていた赤ちゃんが、それ以外の食べ物からも摂れるようになるための準備課程です。

離乳食のスタートは、5〜6カ月ころが目安です。赤ちゃんはこのころから、だんだん大人の食事に興味を持ち始めますし、体の成長に伴って、おっぱいやミルクの栄養分だけでは足りなくなってきます。

離乳食

離乳食をスタートしたからといって、すぐにおっぱいやミルクをやめるわけではありません。まずはごく少量、1日1回から食べさせます。そしてだいたい1歳~1歳半には離乳食が完了して、その後はゆっくりと幼児食へと移行していきます。

最初はうまく食べられなかったり、嫌がって口から出してしまったりするのは、よくあることです。あせらずのんびり、気長に取り組んでいきましょう。

離乳食のスタートの目安をチェック

  • 月齢が5〜6カ月に達した
  • 首がすわり、支えがあれば座れる
  • 大人が食べているものに興味を示す( じっと見つめる、口をモグモグする、身を乗り出すなど)
  • 体調も機嫌もいい
  • 1日の授乳のペースが整ってきた
  • スプーンなどを口に入れても、舌で押し出すことが少なくなった

離乳食は4ステップ、かたさと量を調整して

離乳食は、最初はトロトロのペースト状から始めて、だんだん固形に近づけていきます。赤ちゃんは体の発達に合わせて少しずついろいろな食感や味を体験し、歯や舌の使い方を覚えていきます。

ゴックン期
(5~6カ月ころ)
1日1〜2回食
トロトロした流動食をゴックンできるように練習する時期。
モグモグ期
(7~8カ月ころ)
1日2回食
柔らかい食材を舌と上あごでつぶせるように練習する時期。
カミカミ期
(9~11カ月ころ)
1日3回食
食材を前歯でかじったり、歯ぐきでつぶせるように練習する時期。
パクパク期
(1歳~1歳6カ月ころ)
1日3回食+間食1~2回
食材を前歯でかみ切ったり、歯ぐきで上手にかめるように練習する時期。

3つの食品グループを意識したメニューを

離乳食の内容は、体を動かすエネルギー源(ごはん、パン、麺類など)、血や肉となるたんぱく質源(肉、魚、卵、豆類など)、体の調子を整えるビタミン・ミネラル源(野菜、果物など)の3つのグループから構成されます。それぞれをバランスよく与えましょう。

【関連記事】

【離乳食の栄養】3つの食品グループを押さえておこう

離乳は赤ちゃんが幼児食を摂れるようになる過程。
かたさや量を調整しながら、少しずつ与えていきます。

上田玲子

上田 玲子(栄養学博士、管理栄養士)

帝京科学大学教育人間科学部 幼児保育学科教授。日本栄養改善学会評議員や、日本小児栄養研究会運営委員、複数の大学や医院にて栄養指導や非常勤講師などを務める。著書に『新版子どもの食生活』など。

乳歯関連のオススメ記事

赤ちゃんの歯が生える時期と順番

歯が生え始める時期には個人差がありますが、だいたい生後6カ月〜9カ月ころが一般的です。多くの子の場合、まず下の前歯が2本生えてきて、次に上の前歯が2本生えてきます。

トップへ戻る