乳歯入門
2歳半~6歳頃

【小児歯科医監修】いつから始める?お子さんの「自分みがき」のコツ

ママと一緒に、歯みがきの練習をするようになったよ。ママが歯みがきしてるところをよーく見ながら「シュシュシュッ」ってみがいたら、「ちゃんとできているね!」とママがとってもほめてくれたんだ。でも、まだみがき残しがあるから、ママが仕上げみがきをしないといけないんだって。わたしも早く、ママみたいに上手に歯みがきできるようになりたいなあ…。

毎年11月8日は「いい歯の日」。赤ちゃんがずっといい歯で過ごせるように、3回にわたって乳幼児の歯と口の健康にまつわるお話を紹介しています。第2弾は、お子さん自身にも「食べたらみがく」習慣をつくることがテーマ。今回も小児歯科医・歯学博士の坂部潤先生が解説します。

「いい歯の日」とは?

日本歯科医師会が1993年、「い(1)い(1)歯(8)」の語呂合わせで定めた記念日。例年、全国各地で啓発イベントやテレビCMの放映など、さまざまな歯科保健啓発活動が行われています。

はじめてのお子さんの「自分みがき」

スプーンが持てるようになったら「自分みがき」の練習を

スプーンが持てるようになったら、そろそろお子さん自身にも子ども用の歯ブラシを持たせて「自分みがき」の練習をはじめましょう。スプーンが持てるようになる目安は1歳過ぎごろです。最初のうちは食後に子ども用の歯ブラシを持たせて、口の中に歯ブラシを入れることからはじめます。お子さんが一人で十分に歯みがきをすることはできないので、必ずママやパパの仕上げみがきが必要になります。 ですが、みがけていなくても、お子さん自身に歯ブラシを持たせて口の中に入れることは、今後「食べたらみがく」習慣を身につけていくためにとても大切です。

3歳を過ぎたら、歯みがきの意味についてだいぶ理解できるようになります。「汚れている歯をしっかりきれいにしようね」と目的を伝え、本格的な歯みがきの練習を開始しましょう。お子さんがみがいた後に、仕上げみがきで口の中をきれいにします。
歯と歯の間はむし歯になりやすいので、仕上げみがきの時にデンタルフロスも使うとよいですね。

【関連記事】

歯と口のケア用品「デンタルフロス」

歯ブラシは「自分みがき用」「仕上げみがき用」の2本を用意して

「自分みがき」の練習は、まずは子ども用の歯ブラシを持たせることから始まります。歯ブラシのパッケージにある年齢表示(「0〜2才」など)を参考に選んでください。

子ども用の歯ブラシは、ネック部分がやわらかく曲がったり、口の奥まで入らないような安全な構造になっているものもあります。赤ちゃんがスプーンを持てるようになったら、ママやパパがそばで見守りながら歯ブラシを持たせてあげてください。

また、お子さんが歯ブラシを口の中に入れるようになると、歯ブラシをかんでしまって毛先がすぐに開いてしまうことがあります。毛先が開いた歯ブラシで仕上げみがきをしても汚れをきれいに落とすことができないので、お子さんがみがく「自分みがき用」とママやパパが使う「仕上げみがき用」の2本を用意するとよいです。

仕上げみがき用の歯ブラシは、お子さんの口に合わせて小さなヘッドで毛がやわらかく、大人が持ちやすいハンドルに設計されているものもあります。 お子さんの歯みがきが終わったら、ママやパパが仕上げみがきをしてあげましょう。

【関連記事】

乳歯のむし歯(虫歯)を防ぐためにママが今日からできること(2)~歯ブラシ・歯みがき剤探し編~

「自分みがき」の大事なポイント

ママやパパが目の前でお手本を見せてあげる

子どもは「まねっこ」が大好きです。お子さんが歯みがきをする時に、ママやパパも一緒に歯みがきをするとよいでしょう。手の動かし方などのお手本になりますし、歯をみがくママやパパの姿を見ることで「わたしもやってみたい!」とやる気を上げることも期待できます。

また鏡を見ながら歯みがきをすると「歯ブラシの毛先が歯にきちんと当たっているか」を見ながらみがくことができます。

歯ブラシの事故には要注意

お子さんが歯ブラシを持っている時は、必ず近くで見守ることが大切です。歯ブラシを口に入れたまま動きまわったり、遊んでしまって転倒してしまうと、思わぬ事故につながる場合があります。
お子さんには「歯みがきをする時は、鏡を見ながらママと一緒にみがこうね、お座りしてみがこうね」などと声をかけて、毎日同じ環境でみがくことを習慣にしていきましょう。

仕上げみがきは何歳まで続けるの?

ちゃんと一人でみがけるようになったと思っても、生えてくる途中の歯や、歯と歯の間のすき間、奥歯のみぞなど、しっかりみがけていないところがあるものです。小学生になったタイミングで仕上げみがきをやめてしまうケースが多いのですが、ぜひ小学校中学年くらいまではみがけているかの確認を兼ねて続けてあげてください。

具体的にいつまで仕上げみがきを続ければよいかは個人差がありますが、迷った場合は歯科医院でみがけているかを確認してもらうこともできます。
歯科医院では、みがき残しを赤く染色する「染め出し」などの方法で、お子さんが一人でもみがけているかを確認します。「みがけているかな?」と不安な場合は、ぜひ歯科医院に相談してみてください。

ぶくぶくうがいの練習をしよう

ぶくぶくうがいは、2歳ごろから

歯みがきをする上で欠かせないのが、口の中をきれいにする「ぶくぶくうがい」です。ぶくぶくうがいは、早い子でだいたい2歳ごろからできるようになります。

月齢によっても異なりますが、3歳で約50%、4歳になると約75%の子どもができるようになるといわれています。ぶくぶくうがいは練習をすることでできるようになっていきますので、お子さんの様子を見ながら練習していきましょう。

ぶくぶくうがいの練習法

① 水を「ぺー」と吐き出す練習

まずは口の中に水を含み、「ぺー」と吐き出す練習をします。最初は手本を見せてもなかなかできなかったり、水をそのままゴックンと飲んでしまったりすることもあります。あせらず、ゆっくり練習していきましょう。水を口の中にためた後で「ぺー」と吐き出すことができれば大成功です。たくさんほめてあげましょう。

② 空うがいの練習

水を吐き出すことができるようになったら、今度は口に水を含まずにほっぺをふくらませる「空うがい」の練習をします。

まず、ほっぺをふくらませて、そのふくらみをほっぺの右、左へとうつします。次に、口の前側(両方のほっぺをふくらませる)、後ろ側(両方のほっぺをへこませる)へとふくらみをもっていきます。これを順番にできるようにします。

ほっぺの右を膨らます
ほっぺの左を膨らます
両方のほっぺをふくらませる
両方のほっぺをへこませる

③ 水をほっぺの中で動かす練習

空うがいができるようになったら、実際に水を口にふくんだ状態で練習します。水を口の中に含み、「右、左、前、後ろ」と動かしてから「ぺー」と吐き出します。

ぶくぶくうがいがうまくいくコツ

  • 空気や水を前後左右に動かす練習は、ママやパパが「こっちに空気があるよ」「次はこっちをふくらませるよ」などと、ほおを指差しながら目の前でやってあげるとわかりやすいでしょう。
  • 水を口の中に含む練習は、最初はこぼしてしまうことが多いのでお風呂などでやってみるのがおすすめです。
  • お子さんが水を吐き出す時は、そばで「ぺー」と声を出してあげるとわかりやすいです。 最初は上手にできないことが多いですが、あせらず、叱らずに見守り、「ぶくぶく」や「ぺー」ができた後はたくさんほめてあげましょう。

お子さんが歯みがきをするようになっても、仕上げみがきは忘れずに。そして、安全に行うためにもママやパパがそばで見守りながら、「食べたらみがく」習慣をつくっていきましょう。

坂部 潤

坂部 潤(小児歯科医、歯学博士)

日本小児歯科学会認定小児歯科専門医。東京・目黒、成城、麻布にある小児歯科専門医院キッズデンタルを開業。継続管理型の小児歯科専門医療を提供している。

トップへ戻る