乳歯入門
2歳半~6歳頃

乳歯のむし歯(虫歯)予防のために小児歯科の受診を

乳幼児

2歳になると歯が生え揃うころ。まだむし歯になっていなくても、むし歯予防のために小児歯科の受診をおすすめします。

特に1歳半健診から3歳健診までの間は、乳歯のむし歯の発生率が急上昇する時期でもあります。この時期の受診とむし歯予防が大切です。

1歳半健診から3歳健診 乳歯のむし歯の発生率が急上昇

初めての歯医者さんを「痛くて恐い場所」にしない

人間が生きていくためには食事が不可欠で、それには歯が健康であることが絶対条件です。歯科医院はむし歯や矯正治療をはじめ、歯をメンテナンスする上で欠かせない、一生のつき合いになる場所です。

「歯科医院=痛くて怖い場所」というイメージをつけないためにも、ぜひトラブルのない状態のときから受診して、かかりつけ医をつくり身近な場所として活用してください。

【関連記事】

乳歯のむし歯(虫歯)を防ぐため、正しい知識を身につけよう

まずは、歯の正しいみがきについて相談してみることをおすすめします。

ママ友とのティータイムがむし歯の原因に!?

乳歯虫歯マンガ 乳歯虫歯マンガ
坂部 潤

坂部 潤(小児歯科医、歯学博士)

歯学博士(小児歯科学)、日本小児歯科学会認定小児歯科専門医。東京・目黒、成城、麻布にある小児歯科専門医院キッズデンタルを開業。継続管理型の小児歯科専門医療を提供している。

トップへ戻る