乳歯入門
2歳半~6歳頃

【小児歯科医監修】乳歯から永久歯へ生えかわる時に注意しておきたい5つのポイント

最近、なんだか前歯がグラグラするの。気になるからずっとさわっていたら、ママに「さわらずに、自然に歯が抜けるのを待たなきゃダメよ」って言われちゃった。でも、ごはんが食べにくいし、歯みがきする時に痛いから、困っちゃう。いつ抜けてくれるのかなあ。

5~6歳ごろからだんだん子どもの乳歯が抜け始め、永久歯に生えかわっていきます。生えかわりの時期の乳歯はグラグラして安定しなかったり、仕上げみがきに一苦労だったりと、子どもも親も何かと大変です。この時期におさえておきたいポイントを、小児歯科医・歯学博士の坂部潤先生が教えてくれました!

ポイント① 乳歯の生えかわりには、個人差がある

一般的な目安として、乳歯は2歳半~3歳くらいまでに全て生えそろいます。その後、5歳半~6歳ごろに今度は永久歯への生えかわりがスタートして、12歳くらいで全ての乳歯が抜けて生えかわっていきます。

ただし、永久歯への生えかわりのスピードは個人差が大きく、男の子よりも女の子のほうが早い傾向があります。お子さんによっては1年以上のずれがあり、7歳くらいまで全く歯が生えかわらないお子さんもいますので、生えかわりのスピードが多少ゆっくりでも全く問題ないと私たち小児歯科医は考えています。ごくまれなケースを除いては個人差があるので、様子を見ることが多いです。もし心配な場合は6歳以降を目安に小児歯科でレントゲンを撮って永久歯を確認することもできますのでご相談ください。

永久歯は一生使い続ける歯ですから、生えてきたらむし歯にならないように、歯みがきによりいっそう気を配る必要があります。

ポイント② 一番奥の乳歯の後ろから生えてくる「第一大臼歯」に気をつける

乳歯から永久歯への生えかわりは多くの場合、まずは下の真ん中の前歯から始まります。その後、順番に進んで下の前歯4本と、上の前歯4本が5歳半から8歳くらいまでの間に抜けて生えかわります。それと並行して、一番奥の乳歯の後ろから新たに「第一大臼歯(だいいちだいきゅうし)」が生えてきます。この第一大臼歯は6歳ごろに生えてくるので、「6歳臼歯」ともいわれています。永久歯の中で一番大きく、かむ力も強い歯で永久歯の歯並びやかみ合わせの基本となる大切な歯です。

そして9歳ごろに、前歯と奥歯の間にある糸切り歯(犬歯)などの歯がだんだん生えかわります。

こうして12~14歳ごろまでに、「12歳臼歯(第二大臼歯)」を含む上下28本の永久歯が生えそろいます。それ以降に、人によっては「親知らず(第三大臼歯)」が生えてきます。

ポイント③ 生え始めの永久歯は、むし歯になりやすい

乳歯は永久歯と比べて、柔らかくて汚れがつきやすい性質があります。そして永久歯も、生えてから2~3年間は「幼若(ようじゃく)永久歯」といって、歯質そのものが未成熟なので、むし歯になりやすい時期です。その後、だ液中のカルシウムなどのミネラルが少しずつ歯に入り込んでいくことで、だんだん通常の永久歯の硬さと強さになっていきます。

ですから、生えかわりの時期はこれから一生使い続ける永久歯を守るためにも重要な時期です。小児歯科で幼若永久歯にフッ素を塗ってもらったり、フッ素入りの歯みがき剤を使うと、フッ素の働きでむし歯になりにくい丈夫な歯をつくる手助けをしてくれます。

ポイント④ 永久歯が裏側や横から生えてきたり、歯ぐきが腫れてしまったら小児歯科を受診する

乳歯がグラグラしているだけなら、自然に抜けるのを待っていれば大丈夫です。グラグラしていてもなかなか抜けない場合、乳歯の色がピンク色になったり黒ずんできたりすることがありますが、生えかわりがスムーズにいっていないだけで、とくに心配はいりません。

ただし、乳歯が抜けないまま永久歯が裏側や横から生えてきたり、すき間に細菌が入って歯肉が腫れてしまったりしているようなら、速やかに乳歯を抜く必要があります。口の中を見て、気になる症状がある場合は小児歯科を受診しましょう。

その他に、グラグラしているのが気になってお子さんが物事に集中できなかったり、ごはんを食べる時に痛がるなど日常生活に支障が出る場合は、歯科医院で乳歯を抜いてもらうのも一つの方法です。

ポイント⑤ 生えかわり期の歯みがきは、とくに念入りに

生えかわり期こそ、しっかり歯みがきをすることが大切です。永久歯の生え始めは歯質が弱く、むし歯になりやすいです。また、歯並びが複雑で凹凸しやするなるので、みがきにくく汚れが残りやすいです。永久歯が生え終わったころにはすでにむし歯になっているお子さんも珍しくありませんので、仕上げみがきは念入りにしてあげましょう。

グラグラする歯も他の歯と同じようにみがいて大丈夫ですが、気になる場合は、歯ブラシを持つ反対側の手の指を軽くそえて仕上げみがきをします。とくに一番奥の乳歯の後ろに生えてくる「第一大臼歯(6歳臼歯)」は、生えてきたことに気づきにくく、生え始めは他の歯より背が低いので歯ブラシが届きにくいため、汚れや食べかすが残りやすくなっています。ママの膝にゴロンと横になるなど、頭を固定してしっかりと奥までみがいてあげてください。歯ブラシを横から入れてみがくと毛先が届きやすくなります。

【関連記事】

歯と口の健康研究室 歯と口のケア方法 歯ブラシでのみがき方基本 背の低い歯は

抜けた乳歯の保管方法は?

日本では、かつて家の屋根や軒下に、抜けた子どもの乳歯を投げるしきたりがありました。現在は住宅事情が変わったこともあり、専用のケースに入れて家で保管することが多くなってきました。ちなみに海外では、枕の下に抜けた乳歯を置いておくと、コインやプレゼントになって返ってくる「トゥース・フェアリー(歯の妖精)」という文化があります。

保管する場合は、しっかり水洗いして付着物を洗い流し、乾燥させてケースに入れます。最近では、抜けた歯の場所ごとに分けて保管できるケースもあります。お子さんと一緒に楽しみながら乳歯をケースに入れていくとよい思い出にもなりますね。

グラグラしている乳歯は、基本的には自然に抜けるのを待てばOK。とくに生えたばかりの永久歯はむし歯になりやすいので、念入りに仕上げみがきをしましょう!

坂部 潤

坂部 潤(小児歯科医、歯学博士)

日本小児歯科学会認定小児歯科専門医。東京・目黒、成城、麻布にある小児歯科専門医院キッズデンタルを開業。継続管理型の小児歯科専門医療を提供している。

トップへ戻る