新生児・乳児期
生後6カ月~9カ月

乳幼児の食べむら対処法

大人にも「食欲がない」「おなかが減らない」という日があるように、乳幼児にも食事を摂る気になれないときがあります。食べないからといって無理強いしなくても、健康であれば心配しなくても大丈夫です。

乳児 食事

食べむらの理由

食べむらの背景には、その子なりの理由があることがあります。

お昼寝が長い日に食べない、おやつをたくさん食べた後は食べない、暑い日には食が進まない……。その理由を探った上で、昼寝を早めに切り上げる、おやつを少なめにしてみる、部屋を少し涼しくしてみるなどの方法を試してみましょう。いつもと環境を変えて、いつもと違うメンバーでごはんを食べると、つられて食が進むこともあります。

また、よくあるのが白米をなかなか食べてくれないというもの。

ふりかけをかけたり、炊き込みごはんにしたり、1品だけ少し味の濃いおかずを出すなど、まんべんなく〝薄味〞でなく、味にメリハリをつけると、食べてくれることもあります。

食事
上田玲子

上田 玲子(栄養学博士、管理栄養士)

帝京科学大学教育人間科学部 幼児保育学科教授。日本栄養改善学会評議員や、日本小児栄養研究会運営委員、複数の大学や医院にて栄養指導や非常勤講師などを務める。著書に『新版子どもの食生活』など。

トップへ戻る