妊娠期
妊娠初期

知っておきたい妊婦さんとカフェインのはなし

コーヒーや紅茶は少しひかえてほしいな。

ママはコーヒーが大好きみたい。でも、わたしがおなかの中に来てから、あまり飲まないようにしてくれてるんだ。たくさん飲むとドキドキしたり、眠れなくなったりするから、わたしのところまで届かないようにって。

コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれているカフェインは、胎盤を経由しておなかの中の赤ちゃんにも届きます。

カフェインが妊婦さんに与える影響について、確定的なことはまだ分かっていません。
ただ、妊婦さんがカフェインを摂りすぎると不眠や頭痛のほか、赤ちゃんの低体重の原因になったり、鉄分不足を招いて貧血を引き起こしたりする可能性などが指摘されています。また、海外ではカフェインの飲み物は「1日2杯まで」などと摂取制限を設けている国もあります。

妊婦さんとカフェイン

コーヒーやコーラに含まれている「カフェイン」とは

妊婦さんがカフェインを過剰摂取すると、おなかの赤ちゃんの発育不良につながるといわれ、またイライラや不眠の原因にもなります。イギリスやカナダ、韓国などでは、1日あたりの最大摂取量を200~300㎎に定めています。1日200㎎とすると、コーヒー約2杯、紅茶約3杯、コーラ約2リットル、板チョコレート6枚に相当します。栄養ドリンクにも含まれているので、表示をよくチェックして。

カフェイン

妊婦さんNGもある「ハーブティー」

ハーブティーは、妊娠中でも楽しめるノンカフェイン飲料としておなじみです。ただし、レモングラスやローズマリー、シナモン、リコリス、マテ、ジャスミン、ハトムギなど、一部の種類には子宮収縮作用などがあり、妊婦さんにはNGのものも。大量に飲まなければ問題はありませんが、購入するときには産婦人科医やハーブティーの専門店に相談して、飲んでも大丈夫かどうか確認するようにしましょう。

ハーブティー

カフェインレスのコーヒーやお茶でリラックスしよう

カフェインを一切摂らない生活はかえってママのストレスになってしまいますので、目安として1日1、2杯程度なら問題ないでしょう。夜寝る前の時間帯は避けて、朝やお昼過ぎのティータイムに楽しむ程度にしておきましょう。カフェインレスやノンカフェインのコーヒーやお茶などもあるので、代用してみるのもいいかもしれません。

コーヒーや紅茶は1日1〜2杯程度ならOK。気分転換にたしなむ程度にしましょう。

竹内 正人

竹内 正人(産婦人科医、医学博士)

日本医科大学卒業後、米国ロマリンダ大学(周産期生物学)、日本医科大学大学院(産婦人科学・免疫学)を経て葛飾赤十字産院などに勤務。よりやさしい「生まれる・生きる」をサポートするため、国や地域、医療の枠をこえて活動中。著書に『マイマタニティダイアリー』(海竜社)など多数。

トップへ戻る