妊娠期
妊娠初期

【基礎知識】妊娠中のサプリメント・薬は大丈夫?

サプリメントも薬も、わたしに運ばれてくるよ

「おなかの赤ちゃんのためにも、栄養補給しなくちゃ!」そういってママは、会社の席でサプリメントをごっくん。すると、ママの隣に座っていた先輩ママ社員さんがひと言。「ねえ、そんなにサプリを何錠も飲んで大丈夫? 私のときは、一応お医者さんに確認してから飲んでいたけれど……」「え、そうなんですか? 薬じゃないからOKだと思ってた!」

サプリメントは、さまざまなメーカーが販売しているので成分や品質、規格がバラバラです。複数のサプリメントを摂取することで、過剰摂取や飲み合わせによる不都合が生じる場合があります。必ず医師に相談してから摂取するようにしてください。

サプリメント

妊娠中のサプリメントに注意する理由

例えば、ビタミンAは妊娠時に欠かせない栄養素ですが、妊婦さんが1万IU(3千μg)を毎日摂取すると、胎児の形態異常のリスクが高くなるといわれています。1種類のサプリメントでこの量を超えることはありませんが、数種類のサプリメントを摂取している方は注意してください。

サプリメントはあくまで食事で不足がちな栄養を補助するものなので、妊娠初期の摂取が推奨されている葉酸のほかは、食事から十分摂れない場合や、鉄分の補給方法などとして使用しましょう。

また、薬にも妊娠中の服用OKな薬と、NGな薬があるので、必ず医師の指示の下で服用してください。薬局で購入したり、買い置きの薬を服用したりするときにも必ず医師に相談を。予防接種を受ける場合も同様です。妊娠4〜7週は胎児の器官形成期なので、特に注意。

サプリメント、薬、予防接種はすべて医師の指導の下で。妊娠4〜7週は胎児の器官形成期なので特に注意して!

竹内 正人

竹内 正人(産婦人科医、医学博士)

日本医科大学卒業後、米国ロマリンダ大学(周産期生物学)、日本医科大学大学院(産婦人科学・免疫学)を経て葛飾赤十字産院などに勤務。著書に『マイマタニティダイアリー』など。

トップへ戻る