乳歯入門
2歳半〜6歳頃

子どもの口呼吸が気になったときに確認すること

口で呼吸するほうがラクなんだもん!

「あっ、おチビちゃん、またポカーンとお口を開けてる!」どうして治らないのかしら……って首をかしげながら、ママはわたしの口に手をあてて閉じさせた。 「ずっとそうやって口を開けてると、いろいろな病気やむし歯の原因になっちゃうのよ。」ママはそういうけど、鼻が詰まってるから、口で息を吸いたくなっちゃうんだよ。だって、そのほうがラクなんだもん!

口呼吸で口の中や、のどが乾燥すると、唾液の抗菌機能がはたらかなくなり、むし歯や歯肉炎、カゼなどにかかりやすくなります。また、歯並びが悪くなることもあります。

ふだんポカンと口を開けていたら口呼吸の可能性大。または、口を閉じさせ1分間鼻呼吸させて、「息が苦しい」と訴えたら口呼吸を疑いましょう。

幼児 口呼吸

口呼吸は癖?

子どもの口呼吸は、単に癖ではなく、口や鼻に原因があることがほとんど。 鼻や咽頭に疾患があって鼻呼吸しづらかったり、出っ歯やあごの狭さなどによって舌の位置が下がり口が開いてしまう、などが考えられます。ほかに、姿勢がよくない、口を閉じる力(口唇閉鎖力)が弱い、ということも関連があります。

口唇閉鎖力は、赤ちゃんのときにしっかり乳首をくわえて吸えていたか、離乳食期に唇を使う練習ができていたか、などが影響しています。 口呼吸が気になったら、歯科や耳鼻咽喉科に相談し、適切な治療を行いましょう。

注意してもなかなか直らない場合は
歯科や耳鼻咽喉科で診てもらい、適切な治療をしましょう。

坂部 潤

坂部 潤(小児歯科医、歯学博士)

歯学博士(小児歯科学)、日本小児歯科学会認定小児歯科専門医。東京・目黒、成城、麻布にある小児歯科専門医院キッズデンタルを開業。継続管理型の小児歯科専門医療を提供している。

トップへ戻る