妊娠期
妊娠中期

妊娠中のイライラはホルモンバランスの乱れが原因

パパ、ママ、けんかはやめてほしいな。わたしも悲しくなっちゃう!

いつもは仲のいいパパとママだけど、今日は珍しく大きな声を出してけんかしている……。ママが怒ると、おなかがカチカチになって、わたしも苦しくなっちゃう。早く仲のいいパパとママに戻ってほしいなあ……。

「妊娠中に夫婦げんかをすると発育がにぶくなったり、逆子になったり、流産を引き起こす」という噂がありますが、科学的な根拠は何もないので、気にしないで大丈夫です。

夫婦げんかを我慢してイライラを溜めこむより、かえって率直にいいたいことをいい合ったほうが、結果的にストレス発散になってお互いの精神衛生上よいケースもあります。

ただ、夫婦げんかのストレスでおなかは張りやすくなりますし、そもそもよいことではありませんから、できれば穏やかな話し合いで解決できればそれに越したことはありません。

夫婦げんか

夫婦げんかが多くなってきたら

妊娠中はホルモンバランスの乱れでイライラしたり、急に落ち込んだりするママも多いので、パパが戸惑うのも仕方ないことかもしれません。ママのほうから、「ホルモンの影響で、こんなふうになりやすいの」「『なんで○○しないの?』といういい方をやめて、今はただ見守っていてほしい」などと説明して、妊娠中のメンタルを理解してもらいましょう。

夫婦げんかをする前に、できれば話し合いで回避して。パパに今の率直な気持ちを分かってもらいましょう。

竹内 正人

竹内 正人(産婦人科医、医学博士)

日本医科大学卒業後、米国ロマリンダ大学(周産期生物学)、日本医科大学大学院(産婦人科学・免疫学)を経て葛飾赤十字産院などに勤務。よりやさしい「生まれる・生きる」をサポートするため、国や地域、医療の枠をこえて活動中。著書に『マイマタニティダイアリー』(海竜社)など多数。

トップへ戻る