新生児・乳児期
生後3カ月~5カ月

赤ちゃんのいる家庭の除菌対策は?

ママはいつもお部屋をピカピカにしているね……。

ママはいつもお部屋の掃除をしたり、おもちゃをきれいに拭いてくれるの。ありがたいけど、ちょっと大変そう。「あっ、ここにホコリが落ちてる! おチビちゃんが間違って食べちゃったら大変!」そういってママは、ぞうきんを持ってきて床をゴシゴシゴシ。わたしがおもちゃをくわえようとしたら、「まだ除菌してないからダメ!」って、取り上げられちゃった……。

衛生管理は必要なことですが、ほこり一つ落ちていないくらい部屋をきれいにしたり、赤ちゃんが使うたびにおもちゃを除菌したりする必要はありません。

乳児

アレルギーと除菌の関係

生まれてから過度に清潔な環境で過ごし、さまざまな細菌やウイルスにさらされる機会が少ないと、かえって体の免疫機能が育たず、アレルギーの発症を引き起こしやすくなるといわれています。

日本など衛生状態のよい先進国で現在、食物アレルギーやぜんそく、花粉症、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患が増えているのは、このためだとされています。

過度な除菌がアレルギーを引き起こしてしまうとは皮肉なことですが、日常に存在するさまざまな常在菌が、赤ちゃんの体を強くしてくれることは確かです。

常にピカピカにしなければと気を張っていると、ママも疲れてしまいますよね。赤ちゃんのためにも、「ほどほどのきれいさ」でOKだと心がけてください。

過度に清潔な環境はアレルギー疾患を引き起こすことも。赤ちゃんの免疫力を養うためにも、除菌はほどほどに。

細部 千晴

細部 千晴(日本小児科学会小児科専門医)

細部小児科クリニック院長。近著に「この1冊であんしんはじめての育児辞典」、「マンガで「あるある!」パパ・ママ⇔じいじ・ばあばの子育てギャップこれで解決」(監修・扶桑社)など。

乳歯関連のオススメ記事

乳幼児の「かむ力」を育てる方法

食べ物をよくかんで食べて「かむ力」がつくと、むし歯予防にもつながり、脳や言葉の発達、体力の向上などへも良い影響があるといわれます。

トップへ戻る