乳歯入門
生後~2歳半頃

母乳やミルクもむし歯(虫歯)の原因に?! 正しい理解と対策を

ねんねの前におっぱいを飲むのが大好きなんだけど……。

ねんねするときは、いつもママのおっぱいを飲んでるの。でも、この前ママとパパが、そろそろ夜のおっぱいをやめさせなきゃ……って話してるのを聞いちゃったんだ。「夜の授乳って、むし歯の原因になるんだって。1歳になったらやめさせたほうがいいのかしら」「母乳に砂糖が入ってるわけじゃないし、大丈夫だと思うよ?」とパパ。どっちのいうことが本当なの?

母乳や粉ミルクに含まれる乳糖は、まれですが、むし歯の原因になることがあるので注意が必要です。特に寝る前や夜間の授乳は、赤ちゃんの口の中にむし歯の原因菌が増える一因。寝ている間は、歯の汚れを洗い流してくれる唾液の分泌量が少なくなるためです。

母子

しっかりとむし歯予防の対策を

授乳を続けると、1歳半ごろを境にむし歯率が一気に上がるため、歯科医師としては、できれば1歳半までの断乳をおすすめしています。ただし、「乳歯のむし歯(虫歯)を防ぐため、正しい知識を身につけよう」の記事でもご紹介したように、むし歯は複数の原因が絡んで発生するものなので、授乳だけが悪いわけではありません。また、1歳を過ぎた子の母乳やミルクには、栄養というよりも精神的な安らぎを得たり、親子の愛情を深めたりするなどの意味合いがあるので、難しい場合は無理にやめなくても大丈夫です。

歯が生え揃ってきても授乳を続ける場合は、おやつの時間を決める、歯ブラシとデンタルフロスを使ってしっかりケアするなど、日々の生活習慣の中でむし歯菌を減らす努力をしましょう。

母乳やミルクはむし歯になる要因の一つです。
1歳半までの断乳がおすすめですが、子どもの様子を見て検討しましょう。

坂部 潤

坂部 潤(小児歯科医、歯学博士)

歯学博士(小児歯科学)、日本小児歯科学会認定小児歯科専門医。東京・目黒、成城、麻布にある小児歯科専門医院キッズデンタルを開業。継続管理型の小児歯科専門医療を提供している。

トップへ戻る