新生児・乳児期
生後6カ月〜9カ月

【離乳食の栄養】3つの食品グループを押さえておこう

離乳食の後期(生後9カ月〜10カ月頃)になると、赤ちゃんは大人と同じ3回食が始まります。栄養を考えたバランスの良い離乳食をつくるために、3つの栄養源を押さえておきましょう。

新生児・乳児

エネルギー源(主食)

体を元気にするパワーのもと

体を動かすために必要な炭水化物(糖質)を豊富に含みます。脳や筋肉のエネルギー源になり、赤ちゃんが生きていくのに欠かせません。離乳食のスタートは、米1:水10 の割合で炊いた米がゆ(10倍がゆ)のすりつぶしから始め、7倍かゆ、5倍かゆ、軟飯、ごはんと水分を減らしていきます。

うどん、じゃがいも、ごはん、パン

主な食品

ごはん、パン(小麦粉)、麺類(うどん、そうめん、スパゲッティ、マカロニ)、じゃがいも、さつまいも、コーンフレーク、オートミールなど

たんぱく質源(主菜)

血や筋肉を形作る栄養素

血液や筋肉のもとになるたんぱく質は、すこやかな成長を促して、体の免疫力を高めてくれます。ただし、内臓機能が未熟な赤ちゃんがたんぱく質を摂りすぎると腎臓に負担をかけるので、適量を心がけて。

卵、納豆、魚介類、肉類

主な食品

魚介類(鯛、かれい、鮭、たら、しらす)、肉類(鶏肉、牛肉、豚肉、レバー)、卵、乳製品(チーズ、牛乳、ヨーグルト)、豆類(納豆、豆腐)など

ビタミン・ミネラル源(副菜)

体の調子を整える栄養素

野菜やきのこ、果物、海藻に豊富に含まれる、体の調子を整えたり、体のはたらきを助ける栄養素です。人間の体内では作れないか、作れても必要量に満たないので、常に食物から摂る必要があります。いろいろな種類を食べさせましょう。

ほうれん草、きのこ、ニンジン、果物

主な食品

野菜(にんじん、トマト、ブロッコリー、ほうれん草、かぼちゃ、キャベツ、大根)、海藻(わかめ、のり)、果物(りんご、バナナ、いちご、みかん)など

献立例(生後12カ月~18カ月)

  • にんじんのジャムサンド
  • 野菜入りスクランブルエッグ
  • ミルク

  • ケチャップライス
  • ヨーグルト和え(みかん)

間食

  • 蒸しかぼちゃ
  • ミルク

  • ご飯
  • 麩と小松菜のみそ汁
  • 鮭の小判焼き
  • にんじんグラッセ
  • 茹でアスパラ

資料『子どもの食生活 別冊 小児栄養献立集』上田玲子編

子どもの献立
上田玲子

上田 玲子(栄養学博士、管理栄養士)

帝京科学大学教育人間科学部 幼児保育学科 教授。小児栄養学の第一人者であり、日本栄養改善学会評議員や、日本小児栄養研究会運営委員、複数の大学や医院にて栄養指導や非常勤講師などを務める。また、(株)トランスコウプ総合研究所取締役として栄養コーチングの手法を開発している。編著書に『新版 子どもの食生活』(ななみ書房)など多数。ブログ「れいこのあったかサロン」を更新中。

トップへ戻る