乳歯入門
2歳半〜6歳頃

歯みがきチェック「仕上げみがき」は何歳まで?

ママに助けてもらわなくても、しっかり歯みがきできるよ!

「今日からわたしが自分でみがく!」着替えも、シャンプーも、ぜんぶ自分でできるようになったから、これからは歯みがきも自分で全部やりたいの。そう宣言したら、ママはちょっと困り顔。
「そうね、おチビちゃん、最近なんでも自分でやってくれてママも助かるわ。でもね、歯みがきだけはママにお手伝いさせてね。」

歯みがきは、9歳くらいまではママやパパが手伝ってあげてください。

幼児期はまだ、自分でできるからといって任せてしまうと、どうしても歯と歯の間やかみ合わせの部分など、みがき残しが出てしまいます。

歯科医院でOKが出るまでは、子どもがみがいた後に、親がしっかり仕上げみがきをしてあげることが大切です。

幼児 歯みがき

小学校中学年までは親がチェックを

小学校に入学したタイミングで、仕上げみがきをやめてしまうことが多いのですが、このころは奥歯の第1大臼歯(だいきゅうし)が生えてきたり、永久歯への生えかわりの時期で、歯並びがでこぼこになりやすいので特に注意しましょう。

そして小学校中学年くらいまでは、子どもがみがいた後に不十分なところをチェックしてみがいてあげる「点検みがき」を行いましょう。

自分みがきでちゃんとみがけるようになったら、歯科医院でみがき残しを調べる「染め出し」をしてもらいましょう。そこで合格をもらえれば、もう親のチェックは卒業です。

幼児期は親が仕上げみがきをしてあげる時期。
小学生になって9歳くらいまでは親がチェックして。

坂部 潤

坂部 潤(小児歯科医、歯学博士)

歯学博士(小児歯科学)、日本小児歯科学会認定小児歯科専門医。東京・目黒、成城、麻布にある小児歯科専門医院キッズデンタルを開業。継続管理型の小児歯科専門医療を提供している。

トップへ戻る