新生児・乳児期
生後0カ月~2カ月

生後2カ月から可能、予防接種は受けましょう

ちっくん! 痛い! 注射はいやだよ!

今日は、ママと一緒に病院におでかけ。先生が私の腕に、細い針をちっくん! 痛〜い! 大泣きするわたしを、ママが笑顔で抱っこしてくれた。「これで怖い病気にかかりにくくなったよ、よかったね!」

ワクチンは、生後2カ月から接種が可能です。
赤ちゃんがかかると致死率が高い、または重い後遺症が残ったりする厄介な感染症のうちのいくつかは、ワクチンを接種することで予防できます。

ワクチン 乳児

予防接種の種類

ワクチンには、病気の原因になる病原体の病原性を弱めたもの(生ワクチン)と、病原性をなくしたもの(不活化ワクチン)の2つあります。どちらも体内に入れることで病気の免疫を作ることができます。

また、公費(原則無料)で受けられる「定期接種」と、多くが自己負担ですが接種を推奨されている「任意接種」の2種類があります。

ワクチンを接種すると、もしかかったとしても体内で免疫ができているので、軽症で済む場合がほとんど。また、大多数の人がワクチン接種することで流行をおさえられ、国内の患者数を激減できている感染症がいくつもあります。

「周りでかかった人がいないから」と予防接種に消極的なママもいますが、病気の流行をおさえ続けるためにも定期(接種)も任意(接種)もどちらも大切な予防接種です。

赤ちゃんにとって危険な病気はワクチンで防げます。
流行をおさえるためにも、ぜひ接種しましょう。

細部 千晴

細部 千晴(日本小児科学会小児科専門医)

細部小児科クリニック院長。近著に「この1冊であんしんはじめての育児辞典」、「マンガで「あるある!」パパ・ママ⇔じいじ・ばあばの子育てギャップこれで解決」(監修・扶桑社)など。

トップへ戻る