妊娠期
妊娠前

【妊活】妊娠前から食習慣を見直してみてよう

外食ばかりじゃなく、手作りごはんを食べて!

気がついたら、わたしはママのおなかの中。わたしは大きくなって外に出るまでは、ずっとママと一緒だよ。でも、ママはお仕事で時間がないからって朝ごはんを抜いたり、夜遅くに食べたりすることもあるみたいで心配。わたしが大きくなるためにも、ママの体のためにも、手作りのごはんを朝昼晩、ちゃんと食べてほしいなあ……。

妊娠成立から出産日まで、ママはおなかの中の赤ちゃんと一心同体です。

 妊娠中はもちろん、妊娠前から食習慣を見直してみることで、妊娠しやすい健康体になり、出産に向けての体調も整います。おなかの赤ちゃんのすこやかな成長のために、ぜひ毎日の食生活を振り返ってみてください。

1日3食適量で。外食は控えてみよう

まずは1日3食、できるだけ決められた時間に適量を食べることから始めましょう。夜遅い時間の食事は体重増加につながりやすいので、お仕事で忙しいママも、なるべく夜8時までに食べ終わるようにできればいいですね。

外食は味が濃く、高カロリーで栄養バランスも偏りがち。外食が当たり前だったママは、自炊して食べる習慣をつけましょう。最初は市販のお惣菜に、野菜を切ってドレッシングをかけたサラダやスープなど、簡単な料理をつけ加えるところからはじめてみては。

妊娠生活のスタートは、正しい食事から。まずは食習慣を見直して、3食を規則正しく摂りましょう。

竹内 正人

竹内 正人(産婦人科医、医学博士)

日本医科大学卒業後、米国ロマリンダ大学(周産期生物学)、日本医科大学大学院(産婦人科学・免疫学)を経て葛飾赤十字産院などに勤務。よりやさしい「生まれる・生きる」をサポートするため、国や地域、医療の枠をこえて活動中。著書に『マイマタニティダイアリー』(海竜社)など多数。

乳歯関連のオススメ記事

妊婦さんも歯医者に行ってほしい"マタニティ歯科"のススメ

妊娠中でも歯科治療は可能です!
妊娠時は食生活の変化やつわりの影響でむし歯ができやすくなりますし、ホルモンバランスが乱れて、歯ぐきが傷みやすく、「妊娠性歯肉炎」になりやすい時期でもあります。気になる人はぜひ、歯科医院で診察を受けておきましょう。

トップへ戻る