新生児・乳児期
生後6カ月〜9カ月

赤ちゃんがかかりやすい病気とその症状まとめ(1)

無菌状態だったお腹の中とは違い、外の世界はウィルスや細菌がいっぱい。赤ちゃんは、ママから数カ月間免疫をもらえるとはいえ、病気には十分気を付けたいですね。

今回は赤ちゃんがかかりやすい病気を特集します。2回にわたって病気の症状や正しいケアなどをご紹介します。

母と乳児

【関連記事】

赤ちゃんがかかりやすい病気とその症状まとめ(2)

生後6カ月以降に注意したい病気

カゼ症候群

細菌やウイルスによる、鼻やのど(=上気道)の感染症のこと。咳や鼻水、鼻づまり、発熱、のどの痛み、下痢などの症状が現れ、急性中耳炎や肺炎を併発することも。ゆっくり休養を取り、水分と消化のよいものを与えることで通常は2〜3日で自然とよくなります。改善しない場合や、ほかの症状が出た場合は受診して。

インフルエンザ

インフルエンザウイルスが原因の感染症。カゼに似ていますが、咳や鼻水などがなく、高熱や関節痛、のどの痛みが現れるのが特徴(年長児は頭痛も)。乳幼児は急性中耳炎や肺炎、熱性けいれんなどの合併症を起こしやすいです。インフルエンザはカゼではありません。受診して注意深く経過を見守ります。ワクチンがあります。

ヘルパンギーナ

乳幼児がかかりやすい夏カゼの一種。急に高熱が出て、のどの奥にある口蓋垂(のどちんこ)の横に水泡ができます。水泡がつぶれると潰瘍になり、痛くなるので不機嫌になったり、母乳やミルク、食事を嫌がることも。低年齢児は脱水に気をつけて。

手足口病

5歳までの乳幼児がかかりやすい夏カゼ。口の中や手のひら、足の裏、おしりの割れ目、ひざ(最近は体にも)などに、痛みやかゆみを伴わない水泡ができ、37~38度の軽い熱が出ることも。手足口病に特効薬はありませんが(ワクチン開発中)、およそ1週間で軽快します。ただ、まれに急性脳炎や髄膜炎など合併症を起こすことがあるので、異変があればすぐ受診を。

プール熱(咽頭結膜熱)

乳幼児がかかりやすい夏カゼ。発熱がやや長く4〜6日ほど続き、のどが腫れて痛み、結膜炎を起こす病気。プールの水から感染することが多かったのでこの名がつきました。特効薬がないので、安静にするのが第一。感染力が強いので、ほかの家族とタオルを別々にするなど感染予防をしっかりと。

突発性発疹

生後4カ月ころから2歳ころの赤ちゃんが突然39度程度の高熱を出し、中には熱性けいれんを起こす子もいます。熱は2~4日ほど続きます。熱のわりにはカゼの症状はなく、元気で、薬がなくても自然に治るのが特徴。熱が下がると顔と体に赤い小さな発疹ができ、下痢を伴います。中には2回かかる子もいます。

ウイルス性胃腸炎

ロタウイルスやノロウイルス、アデノウイルスなどのウイルスが引き起こす胃腸炎。嘔吐や下痢、腹痛や発熱が主な症状。ロタウイルスにはワクチンがありますが、整腸剤や吐き気止めなどを使って対処します。脱水症状を起こしやすいので、十分な経口補水液(イオン水)とおなかにやさしい食事で回復を待ちます。

麻疹(はしか)・風疹

麻疹は、38度前後の発熱と咳、赤い発疹が出る感染症。肺炎や中耳炎、急性脳炎など合併症を起こすことも多く、感染力が強いのが特徴です。風疹は「三日ばしか」ともいわれます。麻疹・風疹とも1歳になったらすぐMRワクチンで予防してください。妊婦が感染すると胎児が先天性風疹症候群の危険もあるので、大人も予防して。

細部 千晴

細部 千晴(日本小児科学会小児科専門医)

細部小児科クリニック院長。近著に「この1冊であんしんはじめての育児辞典」、「マンガで「あるある!」パパ・ママ⇔じいじ・ばあばの子育てギャップこれで解決」(監修・扶桑社)など。

トップへ戻る