新生児・乳児期
生後0カ月〜2カ月

美味しい母乳をつくる4つの方法

母乳の味や質には、ママの食事や体調が大きく関わっています。赤ちゃんに美味しい母乳を飲ませてあげるために、日々の生活をいま一度見直してみましょう。

母と乳児

【関連記事】

母乳育児で気をつけてほしいママの食事とは

十分な休養とノンストレスな生活

1日で母乳の分泌量が最も多くなるのは、しっかり睡眠を取った後の朝です。休息を取り、よく眠るほど母乳が出るようになります。夜泣き対応やおむつ替えなどでなかなか夜眠れないときは、日中に眠ったすきに一緒に横になって。過剰にストレスを感じると母乳の出が悪くなるので、好きな音楽やテレビを見聞きしたり、ときには赤ちゃんを預かってもらうのもよいでしょう。

軽い運動やストレッチで代謝アップ

ママの体がこわばっていると、血行が悪くなって母乳の出が悪くなりがちです。上半身を中心に軽い運動をすると血の巡りがよくなり、母乳の分泌も活発になります。赤ちゃんが寝ている横でストレッチやヨガをしたり、全身を使って拭き掃除や洗濯物干しなどの家事をしたりと、意識して体を動かすようにしましょう。両肩や首をぐるぐる回すだけでも効果があります。

ヨガ

なるべく小まめに水分補給する

赤ちゃんのお世話であわただしいと、意外と忘れがちなのが水分補給です。母乳の9割近くが水分で、1日に出る母乳の量はおよそ600ミリリットルから1リットルといわれるので、ママはたくさんの水分を必要とします。水分不足だと便秘の原因にもなるので、小まめに麦茶や水などで水分を補ってください。ベッドのそばに水筒を用意しておき、いつでも飲めるようにしておいてもいいですね。

水分補給

ゆったりした服や下着を身につける

ブラジャーやショーツなどの下着があまりに小さすぎたり、締めつけすぎたりするものだと、血液の流れを阻害して母乳の出を悪くします。なるべくゆったりしていて、つけ心地のよいものを選ぶようにしましょう。産後すぐの時期、体型を回復するために締めつけの強いガードルやショーツを使用するママもいますが、説明書をよく読んで、自分の体型に合った、締めつけすぎないものを選んでください。

ゆったりした服や下着
細部 千晴

細部 千晴(日本小児科学会小児科専門医)

細部小児科クリニック院長。近著に「この1冊であんしんはじめての育児辞典」、「マンガで「あるある!」パパ・ママ⇔じいじ・ばあばの子育てギャップこれで解決」(監修・扶桑社)など。

トップへ戻る