歯と口のケア方法

歯と歯の間のケア方法

歯と歯の間のお手入れの必要性

歯と歯の間は、歯ブラシの毛先が届きにくいためプラーク(歯垢)が残りやすく、むし歯や歯周病が発生しやすい場所です。この歯間部のプラークは、歯ブラシだけでは60%程度しか取り除くことができませんが、歯ブラシと併せてデンタルフロスや歯間ブラシを使うと90%近くのプラークを取り除くことができます。
効率よくお手入れをするためにも、毎日のケアに歯と歯の間のお手入れも取り入れましょう。

歯垢(しこう)=プラーク
歯と歯の間の歯垢除去率

デンタルフロス、歯間ブラシの使い方

歯と歯の間のすき間の広さに合わせて、使いやすいものを使用しましょう。

  歯と歯の間のケアに使用 歯と歯の間にすき間ができた
部分のケアに使用
ケア用品 デンタルフロス 歯間ブラシ
  糸まきタイプ ホルダータイプ(F字型) ホルダータイプ(Y時型) ナイロンタイプ(L字型) ゴムタイプ(L字型) ゴムタイプ(ストレート型)
  糸まきタイプ ホルダータイプ
(F字型)
ホルダータイプ
(Y字型)
ナイロンタイプ
(L字型)
ゴムタイプ
(L字型)
ゴムタイプ
(ストレート型)
特徴 必要な長さを
使用でき
経済的。
初めての方も
使いやすい。
初めての方も
使いやすい。
歯垢除去力が
高い。様々な
サイズがある
初めての方も
使いやすい。
初めての方も
使いやすい。
清掃しやすい場所 全体(慣れるまではテクニックが必要) 下の前歯 上の前歯、奥歯 全体
(特に奥歯)
全体
(特に奥歯)
前歯

デンタルフロスの使い方

1.ホルダーつきデンタルフロスの使い方

鏡で確認しながら歯と歯の間にデンタルフロスの糸の部分を当てます。
鏡で確認しながら歯と歯の間にデンタルフロスの糸の部分を当てます。
ゆっくりと小さくノコギリを引くようにしながら入れます。このとき、勢いよく入れると歯肉を傷付けてしまうので注意しましょう。
ゆっくりと小さくノコギリを引くようにしながら入れます。このとき、勢いよく入れると歯肉を傷付けてしまうので注意しましょう。
中まで入ったら、歯の面に沿わせて上下に動かしながら前と奥の歯の両方の面のプラークを取り除きます。
中まで入ったら、歯の面に沿わせて上下に動かしながら前と奥の歯の両方の面のプラークを取り除きます。
ゆっくりと小さく動かしながら取り出します。
ゆっくりと小さく動かしながら取り出します。

2.糸まきタイプの使い方

  1. 1.
    15cmくらい

    デンタルフロスを40cmくらいに切り両手の中指に2~3回巻きつけ、15cmくらいの長さにしてピンと張ります。

  2. 2.
    1~2cm

    両手の親指と人差し指で糸をつかんで操作します。

  3. 3.
    基本の持ち方

    使う部位に合わせ、歯と歯の間にゆっくり、小さくノコギリをひくようにしながら挿入します。

    コンタクトポイント

    ポイント

    コンタクトポイント(歯と歯の接しているところ〉を通す時は少しきつい感じがします。
    勢いよく挿入すると歯肉を傷つけるので注意しましょう。

  4. 4.
    コンタクトポイントを通過したら、歯肉の少し中まで(スッと入るところまで)デンタルフロスを挿入します。

    コンタクトポイントを通過したら、歯肉の少し中まで(スッと入るところまで)デンタルフロスを挿入します。

  5. 5.
    歯に巻きつけるようにして、歯の面を2~3回上下にこすってプラークを取り除きます。

    歯に巻きつけるようにして、歯の面を2~3回上下にこすってプラークを取り除きます。

    奥歯の後側 奥歯の前側 前歯の右側 前歯の左側

    ポイント

    隣り合った前の歯と奥の歯の両方の面を同じように清掃します。別の歯間部に使う時には、糸をずらして新しい部分で操作を繰り返します。

  6. 6.
    取り出す時も、ゆっくり小さく動かしながら取り出します。

    取り出す時も、ゆっくり小さく動かしながら取り出します。

    ポイント

    詰め物に引っかかるなどでうまく取り出せない時は、無理に取り出そうとせず、一方の指の糸を外して、外側に引き抜くようにしましょう。

3.デンタルフロスを使うときの注意

  • 使い方がわからない場合は、歯科医師や歯科衛生士に相談しましょう。
  • 少なくても1日1回、歯みがき後に使うとよいでしょう。
  • 鏡を見て、場所を確認しながら歯肉を傷つけないように使用しましょう。
  • 糸が引っかかったり、ほつれたりする場合は、歯と歯の間にむし歯ができていたり、歯石がついていたりしている疑いがあります。
    歯科医院で相談しましょう。
  • 子どものむし歯予防のためにもデンタルフロスは必要です。
    自分では上手に動かせない子どもさんには保護者がしてあげましょう。
  • 歯と歯の間のすき間が広い部位には、歯間ブラシを使いましょう。

歯間ブラシの使い方

1.歯間ブラシの使い方

  1. 1.
    歯間ブラシを鉛筆を持つように持つと、操作しやすくなります。

    必ず鏡を見ながら使いましょう。

    • 歯間ブラシを鉛筆を持つように持つと、操作しやすくなります。
  2. 2.
    歯肉を傷つけないように、ゆっくりと斜めに挿入します。

    歯肉を傷つけないように、ゆっくりと斜めに挿入します。

  3. 3.
    歯間ブラシを水平にして、歯面に沿わせて2~3回往復させて清掃します。奥歯は内側と外側からの両方向から使うと効果的です。

    歯間ブラシを水平にして、歯面に沿わせて2~3回往復させて清掃します。

    • 奥歯は内側と外側からの両方向から使うと効果的です。
  4. 4.
    歯間ブラシを隣りあった前後の歯の片方の面ごとに軽く当て清掃します。

    歯間ブラシを隣りあった前後の歯の片方の面ごとに軽く当て清掃します。

    使用後は流水でよくよごれを落とし、風通しの良いところで保管しましょう。歯間ブラシの毛が乱れたら取り替えましょう。
    • 使用後は流水でよくよごれを落とし、風通しの良いところで保管しましょう。
    • 歯間ブラシの毛が乱れたら取り替えましょう。

2.歯間ブラシを使う際の注意事項

  • 歯と歯のすき間に合ったサイズを選びましょう。
  • 歯と歯の間にスッと抵抗なく挿入でき、動かすときにきついと感じない程度の大きさを選びましょう。
  • はじめて使用する場合、小さいサイズから試しましょう。小さいサイズでも入らない場合はデンタルフロスで清掃しましょう。
  • 歯によってすき間の広さが異なる場合、数種類の歯間ブラシを使いましょう。
  • 歯肉炎のある部位は、軽い刺激でも出血しやすくなっています。
  • プラークを除去することで歯肉の炎症が改善されます。
    炎症が改善すると歯肉が引き締まり、出血もなくなりますがすき間が広くなる場合があります。
  • 強引に動かすとブラシやワイヤーで歯や歯肉を傷つける恐れがあるので注意しましょう。
  • 使い方がわからない場合は、歯科医師や歯科衛生士に相談しましょう。