企業向け歯科保健事業

「口の健康」の大切さ

口は「食べる」「話す」「笑う」など、日常生活を過ごしていく上で大切な役割を担っています。しかし、歳を重ねるにしたがってむし歯や歯周病などで歯を失ったり、うまく噛めなくなったりするなど、口腔の機能や咀嚼する機能は次第に衰えてきます。特に、成人期以降の歯の喪失の主な原因となる歯周病は、口腔の清潔度や喫煙などの影響を強く受けることから生活習慣病として位置づけられ、一次予防の重要性が指摘されています。
日ごろから口を清潔にして歯周病やむし歯の予防を行なって口腔を健康に保ち、機能を維持していくことは健康寿命の延伸にもつながります。生活習慣を予防し健康な身体と口腔を保つためにも日頃から口腔の健康を通じた活動や取り組みを行ないましょう。