高齢者歯科保健活動

KANSAIウオーク

日本では超高齢社会への対応が急務となっています。8020運動の効果もあり80歳で20本以上の歯を保持している人は2人に1人の割合になってきました。健康長寿社会を目指していくためには、従来のむし歯予防、歯周病予防だけではなく、生涯にわたり、「食べる」、「話す」、「笑う」など、生活する上で大切な役割を担う、口の機能(口腔機能)を、日頃から保持増進していくことが大切です。当財団では、口腔機能の低下に早く気づき、保持増進に結びつくように手軽にできる「健口美」体操を作成しました。

現在自治体と協力して口腔ケア講習会などを開催しています。「健口美」体操の普及を図り、高齢者がいつまでもおいしく食べ、楽しく話し、笑いのある生活を送れるように、全国各地で活動を展開しています。

今後も多くの人に「健口美」体操を普及し、高齢者が健康でイキイキとした生活ができる社会の実現に貢献したいと考えています。