4mm以上の歯周ポケットを有する者の割合の年次推移

成人期、高齢期における「4mm以上の歯周ポケットを持つ者の割合」は、高齢になるにつれて増加する傾向を示しています。平成28(2016)年調査の結果は、過去の調査と比較すると、ほぼすべての年齢で高値を示しました。特にその傾向は75歳以上の高齢者において顕著に増加しています。

(%)

  平成11年 平成17年 平成23年 平成28年
1999年 2005年 2011年 2016年
15~24歳 10.4 7.2 8.5 17.6
25~34歳 21.5 21.6 17.8 32.4
35~44歳 31.5 26.6 24.3 42.6
45~54歳 43.4 42.2 33.2 49.5
55~64歳 50 49.8 47 53.7
65~74歳 45.5 48.9 46.5 57.5
75歳以上 28 36.5 44.9 50.6

※1平成11年(1999年)と平成17年(2005年)以降では、1歯あたりの診査部位が異なる。

※2被調査者のうち対象歯を持たない者も含めた割合を算出した。

出典:厚生労働省「歯科疾患実態調査」