中学生におけるむし歯(う歯)のある者等の年次推移

「中学生におけるむし歯(う歯・喪失歯及び処置歯数を含む)のある者等」は1984(昭和59)年度の調査開始以降ほぼ毎年減少し、過去最低となっています。

年度 中学生における
むし歯のある者の割合(%)
12歳における
永久歯のむし歯等数(本)
昭和59 1984 92.24 4.75
60 1985 92.34 4.63
61 1986 91.92 4.58
62 1987 91.36 4.51
63 1988 90.54 4.35
平成元 1989 90.43 4.3
2 1990 89.96 4.3
3 1991 89.64 4.29
4 1992 88.93 4.17
5 1993 87.78 4.09
6 1994 87.74 4
7 1995 86.62 3.72
8 1996 84.77 3.51
9 1997 83.67 3.34
10 1998 81.89 3.1
11 1999 80.07 2.92
12 2000 76.85 2.65
13 2001 73.81 2.51
14 2002 71.24 2.28
15 2003 67.68 2.09
16 2004 64.61 1.91
17 2005 62.72 1.82
18 2006 59.66 1.71
19 2007 58.06 1.63
20 2008 56.00 1.54
21 2009 52.88 1.4
22 2010 50.60 1.29
23 2011 48.31 1.2
24 2012 45.67 1.1
25 2013 44.59 1.05
26 2014 42.37 1
27 2015 40.49 0.9
28 2016 37.49 0.84
29 2017 37.32 0.82
30 2018 35.41 0.74
令和元 2019 34.00 0.7

(注)「12歳の永久歯のむし歯等数」は、1984年度から調査を実施している。

出典:文部科学省「学校保健統計調査」