思春期歯科保健活動

全国高等学校クイズ選手権

当財団の思春期歯科保健活動は、生活習慣などの乱れが多くなり、むし歯や歯周病が発生・悪化する思春期の生徒に、自分の健康への関心を高め自分の生活や健康についての課題を発見し解決できるように動機付けすることが大切との考えから始まりました。

現在、小学生のむし歯本数は年々減ってきましたが、中学生に上がるにつれて、口の中の状況が悪化してしまう傾向はここ数年変わっていません。小学生の時に、培ってきた規則正しい生活習慣を中学・高校に入っても維持・管理できるようにサポートしたいと考えています。活動内容としては、毎年、夏に開催される「全国高等学校クイズ選手権」にて、ブースを展示し、参加した高校生にデンタルフロスを使うことの大切さを伝える啓発活動を行っています。周りに対し、波及効果の高いこの世代に合わせた、アプローチ法を試行錯誤し、興味関心を高められるような活動を展開しています。

これからも、思春期の生徒と色々な場面で接点を持ちながら、歯と口の健康から生涯にわたる健康週間が確立できるように支援していきたいと考えています。