小学生歯科保健活動

第74回 全国小学生歯みがき大会参加校の様子

明治後期以降、急速な近代化により食文化が大きく変化し、また歯みがき習慣も定着していなかった日本は、むし歯で溢れている時代でした。
1913年には、子どもたちに正しい歯みがき習慣を身につけさせ、むし歯の増加を食い止めることを目的に、全国各地の学校で行われた「ライオン講演会」が口腔保健活動の原点です。「むし歯予防は学童期から指導をすることが大切である」との考えから、全国小学生歯みがき大会をはじめ、全国の小学校へ出向き歯科保健指導を行ってきました。

毎年「歯と口の健康週間(6月4日~10日)」に合わせて開催しています、全国小学生歯みがき大会は、1932年に第1回大会を開催してから74回大会までに参加した小学生は約124万人に及びます。また、学校で歯科保健の中心となる養護教諭の先生方へ向けて、「小学生歯みがき研究サイト『歯みがKids』」を開設し、インターネットを通じて教材の提供を行っています。

小学生のむし歯は年々減ってきているものの、中学生になると増加してしまう傾向にあります。この時期にしっかり習慣をつけ、未来の自分を見据えた歯みがき行動が継続できるよう、これからもサポートしてまいります。