LDH
TOPへ 公益財団法人ライオン歯科衛生研究所
財団の活動 オーラルケアの基礎 口腔保健教材 情報ライブラリー お問合せ リンク
財団の活動
ご挨拶
健口美のコンセプト
活動の概要
ライフステージ別啓発活動
調査研究事業
教育研修事業
財団の沿革と資料
健口美のコンセプト
 1989年に「8020運動」、2000年には「健康日本21」がスタートし、そして2002年には「健康増進法」が制定され、歯の健康に対する人々の意識は大きく向上しました。しかしながら超高齢化が急速に進む社会において、80歳で20本以上の歯を保持している人の割合はようやく20%を超えたに過ぎません。
 一方、本年度からは、国民の健康寿命延伸のための具体策を盛り込んだ「新健康フロンティア戦略」が策定され、9分野(子どもの健康、女性の健康、メタボリックシンドローム克服、がん克服、こころの健康、介護予防、歯の健康、食育、運動・スポーツ)の一つとして「歯の健康力」が取り上げられ、歯・口腔の健康づくりの重要性が益々高まっています。
 こうした状況を踏まえ、(公財)ライオン歯科衛生研究所では、「食べる」、「話す」、「笑う」など、生活するうえで大切な役割を果たす口腔に対して、人々のケア意識のさらなる向上を目指し、「健康な心と身体はお口から!“健口美”」のコンセプトのもと、生活者の生活の質(QOL)の向上につながるように支援いたします。
 Oral Health(口腔の健康)、Oral Beauty(口腔の美しさ)、Communication(コミュニケーション)の三つの要素が機能し、かつ調和していることからもたらされるもの、それが「健口美」です。三つの要素を保持・増進することで、口腔だけでなく身体の健康および心の健康、その結果として生活の質(QOL)の向上に繋がると私たちは考えます。 「健口美」には健康なお口の「健」、良好なコミュニケーションを行う「口」 、美しいお口の「美」と言う意味が込められています。
→『健口美に対する意識調査の結果(2008年1月)』 (PDFファイル 157KB)
健口美のコンセプト図
Copyright (C) THE LION FOUNDATION FOR DENTAL HEALTH.All rights reserved. 個人情報の取り扱いについて個人情報保護方針
ウェブサイトご利用条件

LDH
LDH