フッ化物配合歯みがき剤のシェア(市場占有率)と
12歳児のむし歯経験歯数(DMFT)の推移

「フッ化物配合歯みがき剤のシェア」は、1985年の約12%から2019年の91%へ上昇し、「12歳児むし歯経験歯数(DMFT)」は、1985年の4.63本から2019年の0.7本へ減少しています。「フッ化物配合歯みがき剤」の普及は、幼児期・学童期のう蝕の減少に大きく貢献したと考えられています。

フッ化物配合歯みがき剤のシェア(%)※1 12歳児むし歯経験歯数(DMFT)(本)※2
昭和60 1985 12 4.63
61 1986 10 4.58
62 1987 12 4.51
63 1988 30 4.35
平成元 1989 35 4.3
2 1990 36 4.3
3 1991 40 4.29
4 1992 39 4.17
5 1993 43 4.09
6 1994 46 4
7 1995 48 3.72
8 1996 47 3.51
9 1997 50 3.34
10 1998 71 3.1
11 1999 77 2.92
12 2000 76 2.65
13 2001 79 2.51
14 2002 86 2.28
15 2003 87 2.09
16 2004 88 1.9
17 2005 88 1.82
18 2006 89 1.71
19 2007 89 1.63
20 2008 89 1.54
21 2009 89 1.4
22 2010 90 1.29
23 2011 90 1.2
24 2012 90 1.1
25 2013 90 1.05
26 2014 90 1
27 2015 91 0.9
28 2016 91 0.84
29 2017 91 0.82
30 2018 91 0.74
令和元 2019 91 0.7

※1 フッ素歯みがき剤市場占有率
(シェア)の算定値について

出典:1985~1994年:公益財団法人
ライオン歯科衛生研究所調べ
   1995~2016年:ライオン(株)調べ

※フッ化物配合歯みがき剤については、
ライオン(株)定義による

※2 12歳児むし歯経験歯数(DMFT)

出典:文部科学省「学校保健統計調査」