Top Page
診療所のご案内
リスクコントロール・デンティストリー
診療科目のご案内
来院から診療まで
担当歯科衛生士制
スタッフ紹介
社会貢献活動
セミナーのご案内
アクセス
公益財団法人ライオン歯科衛生研究所

診療所のご案内

東京デンタルクリニックのルーツ

1921年、日本初の小児歯科専門医院からスタート

 (公財)ライオン歯科衛生研究所東京デンタルクリニックの歴史は、社会貢献に熱心に取り組んだ創業者の精神に基づき、1921(大正10)年に東京・銀座に設立された「ライオン児童歯科院」にまでさかのぼります。当時、子供の歯の健康の大切さを訴え、現在の小児歯科に相当する歯科医療の先鞭を切って設立されました。
 1964年(昭和39)に、当財団が財団法人ライオン歯科衛生研究所として設立された際、新宿京王百貨店に「ライオンファミリー歯科診療所」を開設しました。その後、小児歯科分野の活動をさらに充実し、子供のための特徴ある歯科診療所を確立するため、1971年(昭和46)に設備とシステムを一新し、目黒に移転して「ライオンファミリー歯科センター」を開設しました。1996(平成8)年からは「目黒駅前歯科診療所」として歯科医療を提供してきました。そして、2014(平成26)年2月に目黒駅前再開発に伴い五反田に移転しました。
 「東京デンタルクリニック」では、最新設備を導入し、さまざまな方に対応できるように院内環境を整えるとともに、これまでの理念を受け継ぎながら、地域に密着し、全てのライフステージに対応した、子供からお年寄りまでの歯科医療と予防歯科に力を注いでいます。

ルーツ 1921(大正10)年に京橋区山城町(現・中央区銀座)に開設されたライオン児童歯科院。

Copyright (C) 公益財団法人ライオン歯科衛生研究所  ALL RIGHTS RESERVED. 個人情報の取り扱いについて個人情報保護方針
ウェブサイトご利用条件