LDH
TOPへ 公益財団法人ライオン歯科衛生研究所
財団の活動 オーラルケアの基礎 口腔保健教材 情報ライブラリー お問合せ リンク
情報ライブラリー
プレスリリース
統計資料
誌上発表および学会発表一覧
当財団の学会発表論文
季刊紙「お口の時間」
誌上発表および学会発表一覧

当財団が誌上発表した論文および学会発表した研究成果を2007年4月以降、年度毎に一覧表にまとめて紹介してあります。 学会発表については、ライフステージ毎に分類して研究テーマを掲載しています。
誌上発表 学会発表

誌上発表
1. 2011年度(2011年4月〜2012年3月)
No. テーマ 発表誌名(書名) 当財団著者 共同研究先
1 唾液中アンモニアの高齢者における口腔内細菌数評価への応用 老年歯科医学:
25(4), 367-374, 2011
石川正夫
山崎洋治
石川文子
島田 睦
田中良子
石井孝典
高田康二
ライオン(株)オーラルケア研究所
OHS研究所
兵庫県立大学看護学部
社会福祉法人ラヴィータ
2 リスク・コントロールに基づく歯科医療に関する研究
−小児期の定期健診患者におけるカリエス・リスク・テスト導入の有用性−
日本歯科衛生学会雑誌:
16(2)、 55-61、2012
白石奈々子
二川祐子
虎谷知美
佐々木江美
河野有里
武田 香
石川正夫
高田康二
眞木吉信
東京歯科大学社会科学研究室
3 咀嚼方法の違いが血液生化学検査値に及ぼす影響
−第1報 同一食物摂取量に基づく「よく噛む」と「早食い」との比較
日本歯科医療管理学会雑誌:
46(4)、197-202、2012
武井典子
石井孝典
千葉県立保健医療大学
東京歯科大学社会科学研究室

学会発表
1. 2011年度(2011年4月〜2012年3月)
No. テーマ 発表学会名 当財団著者 共同研究先
<幼児期、学童期、思春期>
1 9 3歳児のう蝕発病と保健行動の関連性について 日本歯科衛生学会
(9/23-25、新潟)
河村有美子
黒川亜紀子
長谷川清夏
湯浅由美
鈴木晴香
森田 修
山田 清
山崎洋治
眞木吉信
東京歯科大学社会歯科学研究室
2 9 小児のOral Health Careの実施に関する保護者の悩みと対処法 日本歯科衛生学会
(9/23-25、新潟)
二川祐子
白石奈々子
林 菜穂子
虎谷知美
大江未久
若尾裕子
河野有里
佐々木江美
萩原雅明
武田 香
石井孝典
眞木吉信
東京歯科大学社会歯科学研究室
3 9 女子高校生の歯周病の特徴と2年間の推移 日本歯科衛生学会
(9/23-25、新潟)
石川恵里香
小井沼知佳
鈴木晴香
黒川亜紀子
山崎洋治
石川正夫
森田 修
山田 清
眞木吉信
東京歯科大学社会歯科学研究室
4 10 母子保健期におけるう蝕発病の要因分析 日本口腔衛生学会
(10/8-10、千葉)
黒川亜紀子
河村有美子
山崎洋治
山田 清
眞木吉信
東京歯科大学社会歯科学研究室
5 10 学齢期における『食べ方』支援
第2報 意志決定スキルを適用した咀嚼習慣の育成
日本口腔衛生学会
(10/8-10、千葉)
奥山春奈
石川恵里香
武井典子
山田 清
石井孝典
高田康二
東京歯科大学社会歯科学研究室
6 10 カリエスリスク・コントロールに基づく歯科医療
−小児期と青少年期の歯科保健意識・行動−
日本口腔衛生学会
(10/8-10、千葉)
白石奈々子
二川祐子
大江未久
林 菜穂子
佐々木江美
萩原雅明
武田香
石川正夫
石井孝典
高田康二
眞木吉信
東京歯科大学社会歯科学研究室
7 10 女子高校生におけるう蝕発病の要因分析 日本口腔衛生学会
(10/8-10、千葉)
小井沼知佳
黒川亜紀子
石川恵里香
石川正夫
森田 修
山田 清
眞木吉信
東京歯科大学社会歯科学研究室
8 10 ワックス咀嚼による唾液の分泌量、粘度、pHおよび口腔湿潤度の変化 日本口腔衛生学会
(10/8-10、千葉)
(連名発表者)
山崎洋治
石川正夫
文京学院大学大学院保健医療科学研究科
OHS研究所,稲畑香料(株)
9 11 2歳児における20品目の摂食状況に関する調査
〜食べ方支援の立場から〜
日本小児歯科学会
(11/28,29、岩手)
武儀山みさき
細久保和美
武井典子
石井孝典
高田康二
愛知県歯科医師会
愛知県
兵庫県立大学看護学科
10 11 学齢期における「食べ方」支援
(1) 咀嚼習慣とセルフエスティーム・意志決定スキルとの関連性
日本学校保健学会
(11/12,13、愛知)
(連名発表者)
武井典子
奥山春奈
石川恵里香
石井孝典
高田康二
茨城県鹿嶋市立高松中学校
東京歯科大学
大阪市立大学大学院生活科学研究科
神戸大学大学院人間発達環境学研究科
11 11 学齢期における『食べ方』支援
(2) 咀嚼と肥満の関連性と早食い改善のための咀嚼法の開発
日本学校保健学会
(11/12,13、愛知)
石川恵理香
奥山春奈
武井典子
山田 清
石井孝典
高田康二
茨城県鹿嶋市立高松中学校
東京歯科大学
大阪市立大学大学院生活科学研究科
神戸大学大学院人間発達環境学研究科
12 11 小中学生のライフスキルと生活習慣との関連性
−第2報 中学生の調査結果から−
日本学校保健学会
(11/12,13、愛知)
(連名発表者)
湯之上志保
名古屋学芸大学
愛知教育大学大学院
一宮市立尾西第三中学校
高柳歯科クリニック
名古屋市立平子小学校
磐田市立磐田中部小学校
静岡市立賤機中学校
名古屋市立明倫小学校
神戸大学大学院
<成人期>
13 5 職域成人における口腔内状態、生活習慣および歯科保健行動の職種による比較 日本産業衛生学会
(5/18-20、東京)
湯浅由美
三田理絵
小井沼知佳
藤本佳奈
森田十誉子
山崎洋治
山田 清
 
14 5 労働損失を指標とした産業歯科保健活動の評価 日本産業衛生学会
(5/18-20、東京)
市橋 透
三田理絵
獨協医科大学
15 5 雇入時の健康診断時に実施した歯科健診と入社時教育が歯科の 健康意識や行動に及ぼす影響 日本産業衛生学会
(5/18-20、東京)
三田理絵
小井沼知佳
市橋 透
ライオン(株)健康管理センター
獨協医科大学
16 5 歯周病の進行リスク評価に有用な唾液検査指標について 日本歯周病学会
(5/27、28、福岡)
森田十誉子
山崎洋治
森嶋清二
石井孝典
高田康二
ライオン(株)オーラルケア研究所
17 10 職域成人におけるメタボリックシンドロームと歯周病の進行との関連性 日本口腔衛生学会
(10/8-10、千葉)
森田十誉子
山崎洋治
三田理絵
石井孝典
高田康二
ライオン(株)健康管理室
日本大学歯学部衛生学教室
18 10 洗口吐出液の濁度を用いた口腔清潔度指標の口腔保健活動での有用性
−洗口吐出液の濁度に影響する要因について
日本口腔衛生学会
(10/8-10、千葉)
関根千佳
笠松由起
藤井由希
石川正夫
山崎洋治
森田十誉子
山田 清
石井孝典
 
19 10 唾液検査と自覚症状の質問紙調査を組み合わせた歯周病スクリーニング法の検討 日本歯科保存学会
(10/20,21、大阪)
森田十誉子
山崎洋治
湯之上志保
石井孝典
愛知学院大学歯学部保存修復学講座
愛知学院大学歯学部口腔衛生学講座
<高齢期>
20 6 自立高齢者のための口腔機能検査に基づく口腔機能向上プログラムの開発と評価
2報 高齢者自身が行える検査法
日本老年歯科医学会
(6/15-17、東京)
関根聡子
藤本佳奈
武井典子
石川正夫
山田清
石井孝典
高田康二
眞木吉信
東京歯科大学社会歯科学研究室
21 6 口腔機能向上プログラムの介入による認知機能の低下抑制に関する研究
第1報 特別養護老人ホームの入所者を対象として
日本老年歯科医学会
(6/15-17、東京)
武井典子
石川正夫
社会福祉法人ラヴィータ
医療法人渓仁会札幌西円山病院
新潟大学
日本歯科大学
22 6 口腔機能向上プログラムの介入による認知機能の低下抑制に関する研究
第2報 グループホーム入所者を対象とした横断調査について
日本老年歯科医学会
(6/15-17、東京)
石川正夫
武井典子
石井孝典
社会福祉法人ラヴィータ
医療法人渓仁会札幌西円山病院
新潟大学
日本歯科大学
23 6 終末期における歯科医療の在り方に関する検討
第1報 終末期患者の口腔に対する医療従事者の意識調査
日本老年歯科医学会
(6/15-17、東京)
(連名発表者)
武井典子
石井孝典
高田康二
医療法人渓仁会札幌西円山病院
新潟大学
日本歯科大学
24 10 高齢者のための総合的な口腔機能の検査法の開発
−簡易口腔清潔度検査法の検討−
日本口腔衛生学会
(10/8-10、千葉)
石川正夫
武井典子
石井孝典
高田康二
新潟大学歯学部口腔保健学分野
25 12 自立高齢者のための総合的な口腔機能の検査法の開発
〜自己評価による簡易な口腔清潔度検査法について〜
日本歯科人間ドック学会
(12/3、東京)
石川正夫
武井典子
武田 香
石井孝典
高田康二
日本歯科大学
<その他>
26 9 予防歯科施設の定期管理受診者における唾液検査の有用性の検討 日本歯科衛生学会
(9/23-25、新潟)
白澤幹子
山村 直
藤井由希
森田十誉子
山崎洋治
石井孝典
高田康二
 
27 10 歯科診療所来院者の「健口美」に関する意識調査 日本歯科審美学会
(10/8、9、奈良)
武田 香
武井典子
石井孝典
高田康二
眞木吉信
東京歯科大学社会歯科学講座
新潟大学口腔保健学講座
日本歯科大学
28 11 唾液中の亜鉛と口腔環境との関連 日本臨床検査医学会
(11/17-20、岡山)
(連名発表者)
山崎洋治
文京学院大学保健医療技術学部
OHS研究所

ページトップ

誌上発表
1. 2010年度(2010年4月〜2011年3月)
No. テーマ 発表誌名(書名) 当財団著者 共同研究先
1 A Cohort Study on the Association Between Periodontal Disease and the Development of Metabolic Syndrome
(歯周病とメタボリックシンドロームとの関連性についてのコホート研究)
Journal of Periodontol
81, 512-519, 2010
森田十誉子、山崎洋治、三田理絵、高田康二 ライオン(株)健康管理室、東京医科歯科大口腔保健教育研究センター、日本大学歯学部衛生学
2 地域住民を対象とした歯間ブラシの使用に重点をおいた歯周病予防のための健康教育プログラムの効果 口腔衛生学会雑誌:61(1),13-21,2011 山崎洋治、湯之上志保、武儀山みさき、武井典子、高田康二 浜松市北区健康づくり課、浜松市健康医療部健康増進課口腔保健医療センター、静岡県厚生部医療健康局、国立保健医療科学院政策科学部、鶴見大学歯学部探索歯学講座

学会発表
2. 2010年度(2010年4月〜2011年3月)
No. テーマ 発表学会名 当財団著者 共同研究先
<乳幼児期、学童期>
1 9 小学校における歯・口腔の健康と生活習慣に関する調査 東海学校保健学会
(2010/9/4、静岡)
湯之上志保、武儀山みさき、田優衣、森川聡子 愛知学院大学口腔衛生学講座
2 9 学齢期の『食べ方』支援を目指して
−家庭における個別支援プログラムの開発と評価−
日本歯科衛生学会
(2010/9/18-20、千葉)
石川恵里香、奥山春奈、武井典子、石井孝典、高田康二 茨城県立鉾田市立巴小学校、東京歯科大学社会歯科学研究室
3 10 学齢期における『食べ方』支援
−咀嚼習慣の育成を目指して−
日本口腔衛生学会
(2010/10/6-8、新潟)
奥山春奈、石川恵里香、武井典子、山田 清、石井孝典、高田康二 東京歯科大学社会歯科学研究室
4 11 咀嚼と肥満の関連性に関する研究
(5)咀嚼習慣定着のための児童、保護者、担任の食・生活習慣の改善の難易度に関する調査
日本学校保健学会
(2010/11/27,28、埼玉)
(連名発表者)
武井典子、奥山春奈、高田康二
茨城県鉾田市立巴第一小学校、東京歯科大学、大阪市立大学、神戸大学
<思春期>
5 11 唾液のアンモニア濃度と濁度の日内・日間変動および口臭との関連性 関東甲信地区医学検査学会
(2010/11/27,28、大宮)
(連名発表者)
山崎洋治
文京学院大学保健医療技術学部、アークレイ(株)、OHS研究所
6 11 尿試験紙を用いての唾液中成分の日内変動・日間変動と項目間の相関 関東甲信地区医学検査学会
(2010/11/27,28、大宮)
(連名発表者)
山崎洋治
文京学院大学保健医療技術学部、アークレイ(株)、OHS研究所
7 12 唾液のアンモニア濃度と濁度および口臭の生理的変動 日本唾液腺学会
(2010/12/4、東京)
(連名発表者)
山崎洋治
文京学院大学保健医療技術学部、アークレイ(株)、OHS研究所、昭和大学歯学部
<成人期>
8 5 唾液中の細菌および炎症マーカーとメタボリックシンドロームの関連性 日本歯周病学会
(2010/5/14、15、盛岡)
森田十誉子、山崎洋治、石川正夫、高田康二 順天堂大学医学部総合診療科
9 5 複数の企業の職域成人を対象とした口腔状態、歯科保健行動と生活習慣との関連性 日本産業衛生学会
(2010/5/26-28、福井)
湯浅由美、三田理絵、田口可奈子、藤本佳奈、森田十誉子、山崎洋治、高田康二、山田 清  
10 5 産業歯科保健活動の評価
−口腔内状態の3年間の推移比較−
日本産業衛生学会
(2010/5/26-28、福井)
市橋 透、三田理絵、高田康二 獨協医科大学
11 7 Relationship Between Periodontal Disease and the Development of Metabolic Syndrome
(歯周病とメタボリックシンドロームの進行との関連性)
国際歯科研究学会(IADR)
(2010/7/14-17、バルセロナ)
森田十誉子、山崎洋治 日本大学歯学部衛生学
12 10 洗口吐出液の濁度を指標にした口腔清潔度検査法の口腔保健活動での有用性
−継続受診者での観察−
日本口腔衛生学会
(2010/10/6-8、新潟)
関根千佳、福田真紀、笠松由起、藤井由希、石川正夫、山崎洋治、山田 清、石井孝典  
13 10 洗口吐出液を用いた簡易な口臭チェック法の検討 日本口腔衛生学会
(2010/10/6-8、新潟)
石川正夫、山崎洋治、石井孝典、高田康二 ライオン株式会社オーラルケア研究所、東京医科歯科大学大学院健康推進学分野
14 10 歯間ブラシのサイズ確認模型とリーフレットとの有用性の比較 日本口腔衛生学会
(2010/10/6-8、新潟)
(連名発表者)
黒川亜紀子、山崎洋治
浜松市口腔保健センター
15 10 歯磨き習慣とメタボリックシンドロームとの関連性 日本口腔衛生学会
(2010/10/6-8、新潟)
森田十誉子、山崎洋治、三田理絵、石井孝典、高田康二 日本大学歯学部衛生学教室,ライオン(株)健康管理室
<高齢期>
16 6 自立高齢者のための口腔機能検査に基づく口腔機能向上プログラムの開発と評価 日本老年歯科医学会
(2010/6/25,26、新潟)
関根聡子、武井典子、藤本佳奈、石川正夫、山田 清、石井孝典、高田康二  
17 6 アンモニアを指標とした自立高齢者の口腔清潔度の評価法について 日本老年歯科医学会
(2010/6/25,26、新潟)
石川正夫、武井典子、石井孝典、高田康二 渓仁会西丸山病院歯科、新潟大学、口腔プロケアサービス研究所、日本歯科大学
18 6 高齢者の口腔ケアに関する研究 第5報 総合的な口腔機能向上プログラムの3年間の試行評価 日本老年歯科医学会
(2010/6/25,26、新潟)
武井典子、石井孝典、石川正夫、高田康二 日本歯科大学、渓仁会西丸山病院歯科、新潟大学、口腔プロケアサービス研究所
19 6 高齢者の口腔ケアに関する研究 第6報 総合的な口腔機能向上プログラムの試行と介護予防への実践 日本老年歯科医学会
(2010/6/25,26、新潟)
(連名発表者)
武井典子、石川正夫、石井孝典、高田康二
渓仁会西丸山病院歯科、新潟大学、口腔プロケアサービス研究所、日本歯科大学
20 8 自立高齢者の歯科審美に対する意識調査と口腔機能向上プログラムへの応用 日本歯科審美学会
(2010/8/27-29、岩手)
武井典子、石川正夫、石井孝典、高田康二 新潟大学、日本歯科大学
21 8 口腔清潔度の簡易検査法について 日本歯科審美学会
(2010/8/27-29、岩手)
石川正夫、武井典子、石井孝典、高田康二  
22 9 自立高齢者における口腔機能向上プログラムの効果
第3報 高齢者が自分で実施可能な検査法の検討
日本歯科衛生学会
(2010/9/18-20、千葉)
藤本佳奈、小竹里実、長谷川清夏、田中優里、関根聡子、武井典子、石川正夫、山田 清、石井孝典、高田康二、眞木吉信  
23 10 自立高齢者の口腔機能向上プログラムの開発
第2報 簡易濁度検査法の確立を目指して
日本口腔衛生学会
(2010/10/6-8、新潟)
小竹里実、関根聡子、武井典子、石川正夫、山田 清、石井孝典、高田康二、眞木吉信  
24 12 自立高齢者のための口腔機能向上プログラムと介護予防 日本歯科人間ドック学会
(2010/12/18、名古屋)
武井典子、石川正夫、高田康二 医療法人渓仁会西円山病院歯科、特別養護老人ホーム ラビータウーノ、日本歯科大学
25 12 自立高齢者のための総合的な口腔機能の検査法の開発
−簡易的な口腔清潔度検査法の検討−
日本歯科人間ドック学会
(2010/12/18、名古屋)
石川正夫、武田 香、武井典子、石井孝典、高田康二 日本歯科大学
<その他>
26 10 カリエスリスク・コントロールに基づく歯科医療
−リスクテストの有無と歯科保健意識・行動−
日本口腔衛生学会
(2010/10/6-8、新潟)
白石奈々子、二川祐子、大江未久、林 菜穂子、佐々木江美、萩原雅明、武田 香、石川正夫、石井孝典、高田康二、眞木吉信 東京歯科大学衛生学教室

ページトップ

誌上発表
3. 2009年度(2009年4月〜2010年3月)
No. テーマ 発表誌名(書名) 当財団著者 共同研究先
1 洗口吐出液中のアンモニア濃度および濁度を指標とした口腔清潔度検査について 口腔衛生学会雑誌,59(2),93-100,2009 石川正夫、山崎洋治、森田十誉子、高田康二 ライオン(株)オーラルケア研究所、アークレイ(株)、OHS研究所、文京学院大学
2 歯間ブラシの使用状況、適正サイズ選択力および使用方法の指導効果からみた歯間ブラシ使用の普及拡大策の探索 口腔衛生学会雑誌,59(2),101-110,2009 (連名著者)
森田十誉子、山崎洋治
浜松市口腔保健医療センター
3 Association Between Periodontal Disease and Metabolic Syndrome
(歯周病とメタボリックシンドロームとの関連性)
Journal of Public Health Dentistry:69(4),248-253,2009. 森田十誉子、三田理絵、高田康二 日本大学歯学部衛生学教室、ライオン(株)健康管理室、東京医科歯科大歯学部付属口腔保健教育研究センター
4 職域における口腔保健活動と口腔QOL:主観的口腔健康評価による長期参加者と短期参加者の比較検討 口腔衛生学会雑誌:60(1),2-16,2010 藤井由希、関根千佳、山田 清、高田康二、山川悦子 名古屋大学大学院医学研究科予防医学


学会発表
3. 2009年度(2009年4月〜2010年3月)
No. テーマ 発表学会名 当財団著者 共同研究先
<乳幼児期、学童期>
1 5 乳幼児の摂食リズムと健康状態に関する調査
第1報 保護者を対象とした質問紙調査から
日本小児歯科学会
(2009/5/14、大阪)
武井典子、高田康二 東京都歯科衛生士会、愛知県歯科医師会、愛知学院大学歯学部
2 9 リスク・コントロールに基づく歯科医療に関する研究
−小児期の定期健診患者におけるカリエス・リスクテスト導入の有用性−
日本歯科衛生学会
(2009/9/20、21、大阪)
二川祐子、白石奈々子、林 菜穂子、虎谷知美、大江未久、北村実子、若尾裕子、河野有里、佐々木江美、奥澤やすよ、武田 香、石川正夫、山崎洋治、高田康二、眞木吉信  
3 9 小学校における歯肉炎予防を目的とした健康教育の評価 日本歯科衛生学会
(2009/9/20、21、大阪)
石川文子、田中良子、関根千佳、福島真紀、山北千晶、藤井由希、山田 清、山崎洋治、高田康二  
4 10 幼児期の摂食リズムと健康状態に関する調査
〜4歳児の食べ方を育てる食育を目指して〜
日本口腔衛生学会
(2009/10/9-11、岐阜)
武井典子、高田康二 愛知県歯科医師会、愛院大・歯・口腔衛生
5 10 2歳児の接食状況に関する調査 日本口腔衛生学会
(2009/10/9-11、岐阜)
杉村和美、武儀山みさき、武井典子、高田康二 兵庫県立大学看護学科
6 10 咀嚼と肥満の関連性に関する研究
−小・中学生の肥満およびメタボリックシンドロームと食・生活習慣の関連性―
日本口腔衛生学会
(2009/10/9-11、岐阜)
奥山春奈、武井典子、高田康二 東京歯科大学社会歯科学研究室
7 11 咀嚼と肥満の関連性に関する研究
(3)小・中学生の性・学年別からみた食・生活習慣と肥満の関連性について
日本学校保健学会
(2009/11/28,29、沖縄)
奥山春奈、武井典子、高田康二 茨城県鉾田市立巴第一小学校、東京歯科大学、大阪市立大学、神戸大学
8 11 咀嚼と肥満の関連性に関する研究
(4)小学生の咀嚼と肥満に関する健康教育プログラムの他校への展開の効果
日本学校保健学会
(2009/11/28,29、沖縄)
(連名発表)
武井典子、奥山春奈、高田康二
茨城県鉾田市立巴第一小学校、東京歯科大学、大阪市立大学、神戸大学
<思春期>
9 9 中学生における歯科健診の時間を活用した健康支援プログラムの有効性について 日本歯科衛生学会
(2009/9/20、21、大阪)
小井沼知佳、後藤有美子、黒川亜紀子、森田 修、高田康二  
<成人期>
10 5 歯周病とメタボリックシンドロームとの関連性 日大歯学会
(2009/5/16、東京)
森田十誉子、高田康二 日本大学歯学部
11 5 職種の違いによる口腔内状態および保健行動の実態調 日本産業衛生学会
(2009/5/20-22、福岡)
三田理絵、田口可奈子、藤本佳奈、森田十誉子、山崎洋治、高田康二、山田清  
12 5 産業歯科保健活動の効果測定
−就業者の口腔内状態および欠勤状況を指標とした企業の生産性に及ぼす影響−
日本産業衛生学会
(2009/5/20-22、福岡)
市橋 透、高田康二 獨協医科大学
13 7 Effects of oral health activities at workplace on productivity using workers absenteeism as An indicator
(欠勤状況を指標とした産業歯科保健活動の評価)
第1回アジアパシフィックヘルスプロモーション・健康教育学会
(2009/7/18、幕張)
市橋 透、高田康二 獨協医科大学
14 10 地域住民を対象とした歯間ブラシの使用に重点をおいた歯周病予防プログラムの効果 日本口腔衛生学会
(2009/10/9-11、岐阜)
湯之上志保、山口敏子、杉村和美、武儀山みさき、武井典子、山崎洋治、高田康二 浜松市西区健康づくり課、浜松市口腔保健医療センター
15 10 カリエスリスク・コントロールに基づく歯科医療
−リスクテストの有無による成人期定期健診患者のう蝕発病−
日本口腔衛生学会
(2009/10/9-11、岐阜)
白石奈々子、二川祐子、大江未久、林 菜穂子、佐々木江美、萩原雅明、武田 香、石川正夫、山崎洋治、高田康二、眞木吉信 東京歯科大学衛生学教室
16 10 複数の唾液検査および質問紙調査を組み合わせた歯周病のスクリーニング検査法の検討 日本口腔衛生学会
(2009/10/9-11、岐阜)
森田十誉子、山崎洋治、石川正夫、杉村和美、武儀山みさき、湯之上志保、藤井由希、高田康二  
17 10 職域成人における歯周病とメタボリックシンドロームとの関連性 第2報 コホート研究による解析 日本口腔衛生学会
(2009/10/9-11、岐阜)
森田十誉子、山崎洋治、三田理絵、高田康二 日本大学歯学部衛生学教室,ライオン場V健康管理室,東京医科歯科大歯学部付属口腔保健教育研究センター
18 10 洗口吐出液中の濁度を指標にした口腔清潔度検査法の口腔保健活動での有用性 日本口腔衛生学会
(2009/10/9-11、岐阜)
関根千佳、福田真紀、笠松由起、藤井由希、石川正夫、山崎洋治、山田 清、高田康二  
19 10 洗口吐出液中のアンモニア濃度と口臭および口腔清掃状態との関連性 日本口腔衛生学会
(2009/10/9-11、岐阜)
石川正夫、山崎洋治、高田康二 ライオン(株)オーラルケア研究所、ライオン(株)分析技術センター、東京医科歯科大学健康推進学分野
20 10 洗口吐出液の濁度と口腔保健状況および口臭との関連について 日本口腔衛生学会
(2009/10/9-11、岐阜)
(連名発表者)
石川正夫、高田康二
東京医科歯科大学大学院健康推進歯学分野、ライオン(株)オーラルケア研究所、ライオン(株)分析技術センター
21 3 歯周病の状態別にみたメタボリックシンドロームとの関連性 日本口腔衛生学会関東地方会
(2010/3/6、東京)
森田十誉子、山崎洋治、三田理絵、石井孝典、高田康二 日本大学歯学部衛生学教室、ライオン(株)健康管理室
<高齢期>
22 6 吐出液中のアンモニアを指標とした自立高齢者の口腔清潔度評価法について 日本老年歯科医学会
(2009/6/20-22、東京)
石川正夫、山崎洋治、石川文子、島田 睦、田中良子、高田康二 ライオン(株)オーラルケア研究所、OHS研究所、兵庫県立大学看護学部
23 6 高齢者の口腔ケアに関する研究
第4報 要介護高齢者の口腔機能の検査法と専門的な口腔機能管理プログラムの開発
日本老年歯科医学会
(2009/6/20-22、東京)
武井典子、石川正夫、高田康二 医療法人渓仁会西丸山病院歯科、新潟大学、日本歯科大学
24 6 要介護高齢者の口腔環境に及ぼす棒付きキャンデーの影響 日本老年歯科医学会
(2009/6/20-22、東京)
(連名発表者)
石川正夫
OHS研究所、東京医科歯科大学、特別養護老人ホームラヴィータウノ、稲畑香料(株)、国際福祉医療大学大学院
25 9 自立高齢者における口腔機能向上プログラムの効果
第2報 家庭での継続実施の効果の検討
日本歯科衛生学会
(2009/9/20、21、大阪)
小竹里実、関根聡子、藤本佳奈、武井典子、山田 清、高田康二  
26 10 老人福祉施設における自立高齢者の口腔機能向上プログラムの効果 日本口腔衛生学会
(2009/10/9-11、岐阜)
関根聡子、武井典子、山田 清、高田康二  
27 10 要介護高齢者の口腔機能向上のための各種検査法について 日本歯科人間ドック学会
(2009/12/5、大阪)
武井典子、石川正夫、高田康二 医療法人渓仁会西円山病院歯科、特別養護老人ホーム ラビータウーノ、 日本歯科大学
<その他>
28 12 各ライフステージにおける口腔清潔度簡易検査結果について 日本歯科人間ドック学会
(2009/12/5、大阪)
石川正夫、山崎洋治、湯之上志保、小井沼知佳、高田康二 ライオン(株)オーラルケア研究所

ページトップ

誌上発表
4. 2008年度(2008年4月〜2009年3月)
No. テーマ 発表誌名(書名) 当財団著者 共同研究先
1 ブラッシングによる脳賦活:fMRIによる研究 成人における基礎的解析 老年歯科医学:23(3),330-337,2008 森田十誉子、山崎洋治 神奈川歯科大学、OHS研究所、朝日大学歯学部、揖斐厚生病院
2 萌出途上の下顎第一大臼歯の歯垢付着量について 日本歯科衛生学会誌:3(2), 64-68, 2009 武儀山みさき、杉村和美、湯之上志保、武井典子 愛知県歯科医師会
3 Enhancement of oral moisture using tablets containing extract of Capparis masaikai Levl Journal of Ethnopharmacology: 122, 363-366,2009 石川正夫 鹿児島大学大学院
4 高齢者の口腔機能の評価と管理のシステム化に関する研究
第1報 自立者の総合的な検査法、改善法、効果の評価法について
老年歯科医学:23(4),384-396,2009 武井典子 医療法人渓仁会西丸山病院歯科、新潟大学、日本歯科大学

学会発表
4. 2008年度(2008年4月〜2009年3月)
No. テーマ 発表学会名 当財団著者 共同研究先
<幼児、学童期>
1 10 咀嚼と肥満の関連性に関する研究
−小学生の肥満と生活習慣との関連性と健康教育の効果に関する検討−
日本口腔衛生学会
(2008/10/2-4、大宮)
奥山春奈、武井典子、高田康二 東京歯科大学
2 10 子どもの発育と口腔の審美性について
−子育ての時期における母親の意識−
日本歯科審美学会
(2008/10/12-13、新潟)
武井典子、石川正夫、高田康二 新潟大学
3 11 咀嚼と肥満の関連性に関する研究
(1)小学生の肥満とセルフエスティームと食・生活習慣との関連性について
日本学校保健学会
(2008/11/14-16、名古屋)
奥山春奈、武井典子、高田康二 東京歯科大学、大阪市立大学、神戸大学、茨城県鉾田市立戸燃え第一小学校
4 11 咀嚼と肥満の関連性に関する研究
(2) 小学生の咀嚼と肥満に関する健康教育の効果について
日本学校保健学会
(2008/11/14-16、名古屋)
奥山春奈、武井典子、高田康二 東京歯科大学、大阪市立大学、神戸大学、茨城県鉾田市立戸燃え第一小学校
<成人期>
5 4 パブリックヘルスにおける歯周病予防健康教育の効果
−歯間ブラシの積極的な活用を通して−
日本歯周病学会
(2008/4/25-26、大宮)
湯之上志保、山口敏子、杉村和美、武儀山みさき、武井典子、山崎洋治、高田康二 浜松市口腔保健医療センター
6 4 妊婦歯科教室参加者の歯間ブラシ使用状況と適正サイズ選択力 日本歯周病学会
(2008/4/25-26、大宮)
森田十誉子、山崎洋治 浜松市口腔保健医療センター
7 6 職域歯科保健活動の5年間継続実施による効果 日本産業衛生学会
(2008/10/2-4、大宮)
三田理絵、小川洋子、森田十誉子、市橋 透、山崎洋治、高田康二、山田 清  
8 9 中小企業における歯間ブラシを積極的に活用した健康教育の効果 日本歯科衛生学会
(2008/9/6-7、鶴見)
黒川亜紀子、武井典子、田口可奈子、後藤有美子、森田亜季、海老沼 緑、三田理絵、小川洋子、山崎洋治、森田 修、山田 清、高田康二、、眞木吉信 東京歯科大学
9 10 職域成人における歯周病とメタボリックシンドロームとの関連性 日本口腔衛生学会
(2008/10/2-4、大宮)
森田十誉子、山崎洋治、小川洋子、高田康二 日本大学歯学部、ライオン(株)、東京医科歯科大学
10 10 アンモニア検査紙を用いた口腔清潔度検査法の歯周病検査への応用の可能性について 日本口腔衛生学会
(2008/10/2-4、大宮)
石川正夫、山崎洋治、森田十誉子、小川洋子、高田康二 日本大学歯学部、文京学院大学
11 10 スケーリングとPMTCによる口臭抑制についての比較 日本口腔衛生学会
(2008/10/2-4、大宮)
大江未久、白石奈々子、二川祐子、本山菜穂子、佐々木江美、萩原雅明、石川正夫、高田康二、眞木吉信 東京歯科大学
12 10 歯間ブラシの普及拡大をはかるために実施した指導の効果 日本口腔衛生学会
(2008/10/2-4、大宮)
山崎洋治 浜松市口腔保健医療センター
13 11 "天然物の口臭予防効果と口腔製品の応用
−消臭作用からのアプローチについてー"
日本歯科医学会総会
(2008/11/14-16、横浜)
石川正夫 OHS研究所、稲畑香料、鹿児島大学大学院、東京医科歯科大学大学院、
14 12 唾液吐出液を用いた歯周病のスクリーニング 日本唾液腺学会
(2008/12/6、東京)
森田十誉子、山崎洋治、石川正夫、高田康二 日本大学歯学部、OHS研究所、文京学院大学
<高齢期>
15 6 高齢者の口腔ケアに関する研究
第3報 −前・後期の口腔環境の検査法と口腔機能管理プログラムの検討−
日本老年歯科医学会
(2008/6/19-20、岡山)
武井典子、石川正夫、高田康二 医療法人渓仁会西丸山病院歯科、新潟大学、日本歯科大学、口腔プロケアサービス研究所、OHS研究所
16 6 ケアハウス入所者への介護予防プログラムが口腔機能の維持向上とWHO/QOLに及ぼす効果 日本老年歯科医学会
(2008/6/19-20、岡山)
武井典子、石川正夫、高田康二 医療法人渓仁会西丸山病院歯科、新潟大学、日本歯科大学、口腔プロケアサービス研究所、OHS研究所
17 6 高齢者の義歯使用に関する研究
第2報 高齢者の咬合支持と義歯使用および全身状態との関係
日本老年歯科医学会
(2008/6/19-20、岡山)
武井典子 医療法人渓仁会西丸山病院歯科、仲川歯科医院、日本歯科大学
18 6 住民参加型の新しい健康つくり事業
−口腔力の向上をめざして−
日本老年歯科医学会
(2008/6/19-20、岡山)
武井典子 鹿児島大学大学院、鹿児島県歯科医師会、OHS研究所
19 9 老人福祉センターにおける自立高齢者の口腔機能向上プログラムの効果 日本歯科衛生学会
(2008/9/6-7、鶴見)
関根聡子、武田 香、小竹里実、藤本佳奈、武井典子、山田 清、高田康二  
20 11 自立高齢者の口腔の健康とQOLの関連性 日本歯科医学会総会
(2008/11/14-16、横浜)
武井典子、石川正夫、高田康二 医療法人渓仁会西丸山病院歯科、新潟大学、OHS研究所、日本歯科大学
21 12 自立高齢者の口腔機能向上のための各種検査法について 日本歯科人間ドック学会
(2008/12/5-6、福岡)
武井典子、石川正夫、高田康二 医療法人渓仁会西丸山病院歯科、日本歯科大学
22 12 自立高齢者における口腔清潔度簡易検査法の検討 日本歯科人間ドック学会
(2008/12/5-6、福岡)
武井典子、石川正夫、高田康二 医療法人渓仁会西丸山病院歯科、日本歯科大学
<その他>
23 10 生活者の「健口美」に対する意識調査
−小学生から高齢者までライフステージごとの意識の違い−
日本口腔衛生学会
(2008/10/2-4、大宮)
森田十誉子、山崎洋治、高田康二、眞木吉信 日本大学歯学部、東京歯科大学
24 10 生活者の「健口美」に対する意識調査
−患者と歯科衛生士の健口美意識−
日本口腔衛生学会
(2008/10/2-4、大宮)
本山菜穂子、白石奈々、二川祐子、大江未久、萩原雅明、佐々木江美、森田十誉子、山崎洋治、高田康二、眞木吉信 日本大学歯学部、東京歯科大学、東京歯科大学歯科衛生士専門学校

ページトップ

誌上発表
5. 2007年度(2007年4月〜2008年3月)
No. テーマ 発表誌名(書名) 当財団著者 共同研究先
1 給水吸引機能付き電動ブラシシステムによる誤嚥の可能性についてのモデル実験 老年歯科医学21(4)、392-396、2007 武井典子、渋谷耕司 新潟大学、日本歯科大学
2 第3大臼歯の諸問題に関する調査と健康教育への応用 日衛学誌2(1)、45-49、2007 鈴木慶子、西尾由希江、貝沼公具子、瀧本尚美、舘章矢、武井典子、桑原未代子  
3 保護者による仕上げみがきを導入した学校歯科保健活動の効果 日衛学誌2(1)、50-54、2007 小林智香子、武儀山みさき、杉村和美、湯之上志保、山口敏子、武井典子  
4 高齢者大学卒業者の口腔機能向上プログラムの効果 日衛学誌2(2)、76-79、2007 武田 香、菊池惠子、関根聡子、黒川亜紀子、武井典子、山田 清、高田康二  
5 Enhancing oral moisture using an extract of Capparis masaikai Levl. J Ethnopharmacol. 115(1)、57-60、2008 石川正夫、渋谷耕司 鹿児島大学大学院

学会発表
5. 2007年度(2007年4月〜2008年3月)
No. テーマ 発表学会名 当財団著者 共同研究先
<幼児、学童期>
1 小学生の歯と口を中心とした生活習慣と意思決定スキルに関する研究 日本学校保健学会
 (2007/9)
黒川亜紀子、武井典子 大阪市立大学大学院、神戸大学大学院
2 萌出途上第一大臼歯の歯垢付着量について 日本歯科衛生学会
 (2007/11)
武儀山みさき、杉村和美、湯之上志保、山口敏子、小林智香子、武井典子、桑原未代子 愛知県歯科医師会
<成人期>
3 職域成人における歯周ポケット形成の予防に関連する健康行動のコホート解析 産業衛生学会
 (2007/4)
森田十誉子、山崎洋治、市橋 透、 小川洋子、渋谷耕司 労働衛生コンサルタント事務所オークス、東京医科歯科大学
4 職域成人における歯間清掃用具の使用頻度と歯周組織の状態との関連 産業衛生学会
 (2007/4)
菊池惠子、小川洋子、田畑悦子、三田理絵、森田十誉子、山崎洋治、山田 清  
5 口腔清潔度の唾液検査指標と歯周病との関連性
−安静唾液と刺激唾液の比較−
日本歯周病学会
 (2007/9)
武田 香、山崎洋治、石川正夫、森田十誉子、渋谷耕司、高田康二 ライオン(株)、日本歯科大学
6 アンモニア検査紙を用いた職域成人の口腔清潔度検査について 日本口腔衛生学会
 (2007/10)
石川正夫、山崎洋治、森田十誉子、武田 香、渋谷耕司、高田康二 日本歯科大学、文京学院大学
7 検査紙による歯周病の簡易検査法
 −歯周ポケットの有無と唾液吐出液の指標との関連性−
日本口腔衛生学会
(2007/10)
森田十誉子、山崎洋治、石川正夫、武田 香、小川洋子、渋谷耕司、高田康二 日本歯科大学、文京学院大学
8 振動式粘度計を用いた唾液粘度の測定について
−安静時唾液と刺激唾液の粘度評価−
日本口腔衛生学会
(2007/10)
石川正夫、渋谷耕司 鹿児島大学大学院
9 某製造業就業者の口腔の現状に関する満足度の調査
第3報−就業者の口腔の諸問題と対処法−
日本歯科衛生学会
(2007/11)
湯之上志保、山口敏子、小林智香子、武儀山みさき、杉村和美、武井典子 新潟大学、日本歯科大学
10 予防歯科施設における定期健診受診者の現在歯数の変化について 日本歯科保存学会
(2007/11)
石川正夫、白澤幹子、西川亮子、藤井由希、渋谷耕司、高田康二  
<高齢期>
11 歯ブラシの脳賦活作用:fMRIを用いた評価 日本老年歯科医学会
(2007/6)
森田十誉子、山崎洋治、渋谷耕司 東濃厚生病院、朝日大学、星城大学、神奈川歯科大学
12 口腔機能プログラムの効果について 日本老年歯科医学会
(2007/6)
武井典子 西丸山病院、新潟大学、日本歯科大学
13 高齢者の口腔ケアに関する研究(第2報)
−自立高齢者の口腔機能訓練とQOLの評価法の検討−
日本老年歯科医学会
(2007/6)
武井典子、渋谷耕司 西丸山病院、新潟大学、日本歯科大学
14 高齢者大学卒業者の口腔機能向上プログラムの効果 日本歯科衛生学会
(2007/11)
武田 香、菊池惠子、関根聡子、黒川亜紀子、武井典子、山田 清、高田康二  
15 高齢者の口腔の現状に関する満足度とWHO/QOLの関連性 日本歯科審美学会
(2007/11)
武井典子、石川正夫、渋谷耕司、高田康二 新潟大学、日本歯科大学
16 唾液中細菌数を簡易に評価する検査法の開発と自立高齢者への応用 日本歯科人間ドック学会(2007/12) 石川正夫、山崎洋治、武井典子、高田康二、渋谷耕司 文京学院大学
17 自立高齢者のQOLと口腔機能の評価法に関する研究:咀嚼と肥満の関連性に関する研究 日本歯科人間ドック学会 (2007/12) 武井典子、高田康二 西丸山病院、新潟大学、日本歯科大学
<その他>
18 リスク・コントロールに基づく歯科医療の導入
  −定期健診患者と初診患者のカリエスリスク結果について−
日本口腔衛生学会
(2007/12)
白石奈々子、二川祐子、林菜穂子、佐々木江美、石川正夫、高田康二、眞木吉信 東京歯科大学
19 リスク・コントロールに基づく歯科医療の導入
−定期健診患者のライフステージ別カリエス・リスクの結果について−
日本歯科衛生学会
(2007/11)
二川祐子、白石奈々子、林菜穂子、虎谷知美、大江未久、北村実子、奥澤やすよ、佐々木江美、河野有里、石川正夫、高田康二、眞木吉信 東京歯科大学

ページトップ

Copyright (C) THE LION FOUNDATION FOR DENTAL HEALTH.All rights reserved. 個人情報の取り扱いについて個人情報保護方針
ウェブサイトご利用条件