LDH
TOPへ 公益財団法人ライオン歯科衛生研究所
財団の活動 オーラルケアの基礎 口腔保健教材 情報ライブラリー お問合せ リンク
オーラルケアの基礎
歯と口腔内の基礎知識
歯の構造
歯の汚れ
むし歯
口臭
歯周病
歯みがき剤
歯ブラシ
知覚過敏
歯みがき方法
親知らず
歯間ブラシ
子どものむし歯
歯の生えかわり
フッ素(フッ化物)
入れ歯
デンタルフロス
出版活動
知覚過敏
むし歯ではないのに、冷たい水が歯にしみたり、歯ブラシを当てたときにピリッとした痛みが起こる症状を「知覚過敏」といいます。冷たいもの、ブラッシングなどの刺激のほか、甘味や酸味の強いものも知覚過敏を起こす刺激物になります。 痛みは一過性で、刺激がなくなると痛みもなくなるのですが、ときにはブラッシングに支障をきたすほどの痛みをともなう場合もあります。
1.知覚過敏の原因
痛みが起こる場所は歯根部の象牙質が露出したところです。その原因には次のようなものがあります。
(1)歯肉退縮
歯肉が下がって歯根面が露出することを歯肉退縮といいます。
【原因】
1. かみ合わせの異常
2. 歯周病の進行
3. 誤ったブラッシング
 ・強い力でブラッシング
 ・歯ブラシを大きく動かす
 ・かたい歯ブラシ使用
4. 加齢  など
歯肉退縮

(2)くさび状欠損
歯肉が退縮した歯の根元に、かみ合わせの異常や強い力でのブラッシングなどで過度の力が加わることにより、凹状の欠損を生ずることがあります。この根元付近の歯質の欠損をくさび状欠損といいます。 くさび状欠損

2.知覚過敏の発症メカニズム
歯の歯冠部はエナメル質でおおわれていて、熱などの外部刺激から守られています。かみ合わせの異常や歯周病などで歯肉が退縮すると、歯根部が露出してしまいます。露出した歯根部には、刺激が伝わりやすく、しみたり痛みが起きるようになります。

刺激のメカニズムには、次の3つが考えられます。
1. 象牙細管の中にある神経が直接刺激される
2. 象牙細管の中にある痛みを感じる細胞が露出して刺激される
3. 象牙細管内の組織液が変動し歯髄内の神経が刺激される
知覚過敏の発症メカニズム
知覚過敏の発症メカニズム
3.知覚過敏になると
一過性の痛みでも、それがつづくと、痛みのせいでブラッシングが困難になりプラーク(歯垢)除去が不十分になります。
その結果、むし歯や歯周病を誘発したり悪化させることになります。また、蓄積されたプラークの酸により、さらに象牙細管が開口し知覚過敏の悪化につながります。
知覚過敏になると

4.知覚過敏の予防と改善
(1)セルフケア(自分自身で行う予防)
歯をみがくときには、以下の3点に気をつけましょう。
1. 力を入れすぎないようにしましょう。
2. 歯ブラシを大きく動かさないようにしましょう。 3. 歯肉退縮が起きている場合、歯の根元付近のプラークを確実に除去しましょう。
(2)知覚過敏予防歯ミガキ剤の使用
露出した象牙細管の入口をふさいで知覚過敏を予防したり、症状を和らげることができます。薬用成分には次のようなものがあります。
● 乳酸アルミニウム : 象牙細管の開口部を狭窄・封鎖
● 硝酸カリウム : 神経鈍麻
象牙細管が開口している様子   歯みがき剤の薬用成分により象牙細管がふさがれた様子
(3)プロフェッショナルケア(歯科医院で行う予防、処置)
症状が長く続くような場合、歯科医院に相談し、適切な処置、指導を受けましょう。
歯科医院で行う処置には次のようなものがあります。
 ・フッ化物塗布。
 ・歯の表面にコーティング剤を塗布したり、レジン充填をおこない刺激を遮断する。
 ・原因となるかみ合わせを調整する。


Copyright (C) THE LION FOUNDATION FOR DENTAL HEALTH.All rights reserved. 個人情報の取り扱いについて個人情報保護方針
ウェブサイトご利用条件