LDH
TOPへ 公益財団法人ライオン歯科衛生研究所
財団の活動 オーラルケアの基礎 口腔保健教材 情報ライブラリー お問合せ リンク
オーラルケアの基礎
歯と口腔内の基礎知識
歯の構造
歯の汚れ
むし歯
口臭
歯周病
歯みがき剤
歯ブラシ
知覚過敏
歯みがき方法
親知らず
歯間ブラシ
子どものむし歯
歯の生えかわり
フッ素(フッ化物)
入れ歯
デンタルフロス
出版活動
歯ブラシ
効果的なブラッシングをするためには、自分に合った歯ブラシを使用することが大切です。 歯ブラシのパッケージ表示を参考に、年齢や歯並び、口の状態に合わせて使用する歯ブラシを選びましょう。自分に適した歯ブラシがわからない場合は、歯科医院で相談してもよいでしょう。
1.歯ブラシの種類と特徴
(1) 仕上げみがき用

●乳歯の生えはじめに保護者がみがいてあげる歯ブラシです。
●歯肉にやさしいやわらかめの毛のかたさで、ハンドルは保護者が持ちやすく工夫されています。
(2) 乳歯列期用(乳幼児期用)

●乳歯列に適したヘツドの大きさです。
●ハンドルは子どもが握りやすい太さになっています。
(3) 混合歯列期用(学童期用)

●生えかわり期の凸凹のある歯並びに適した小さめのヘツドです。
●奥歯(第一大臼歯など)まで届きやすいネックの長さです。
(4) 永久歯列期用(中学生〜成人用)

●口の大きさに合わせて、植毛部のサイズは小さめから大きめまで様々です。
●歯肉の健康状態などに合わせて、毛のかたさや毛先形状など工夫されています。
●ハンドル形状はストレートタイプから、持ちやすくデザインされたものまで様々です。
(5) 矯正治療中用

●ワイヤーの下や矯正装置の周辺を清掃しやすいように、山型やU字型などに毛切りが工夫されてします。
(6) 部分清掃用

●歯と歯の間、歯と歯肉の境目、凸凹の歯並びなど、通常の歯ブラシでは届きにくい部分の清掃をするための歯ブラシです。
2.各部の名称

3.毛先の種類
(1) ラウンドカット毛
歯肉にやさしい毛先の工夫

・歯肉を傷つけないように毛先の1本1本が丸め加工されています。
(2) 超極細毛
歯周病予防に効果的な毛先の工夫

・歯と歯の間や歯周ポケットに毛先が届きやすいように毛先が細く加工されています。
4.毛のかたさと選び方
パッケージには歯ブラシのかたさが表示されています。自分に適したかたさを選びましょう。
かたさ
選ぶ目安と注意点
(1)ふつう 一般的なかたさで、効率よくプラーク(歯垢)を除去できます。
(2)やわらかめ 歯肉への当たりがやさしく、歯肉が敏感な人や歯肉から出血が見られる人でも安心して使用できます。プラーク除去率は「ふつう」に比べ低下するため、よりていねいなブラッシングが必要です。
(3)かため プラーク除去率は高いのですが、強い力でみがいたり、大きく動かしたりすると歯肉を傷つけるため、みがき方に注意が必要です。
5.歯ブラシの取り扱い
(1) 取りかえ時期
歯ブラシの毛先が開くと、毛先が歯にきちんと当たりにくくなり、効果的にブラークを落とせません。また、毛先が開かなくても長い間使用していると植毛に弾力がなくなり、よごれの落ち具合が低下します。1ヶ月に1本を目安に交換しましょう!
歯ブラシの植毛部の開き具合とプラーク除去率
(公財)ライオン歯科衛生研究所調べ(日本小児歯科学会 1985)
(2) 使用後の取り扱い


Copyright (C) THE LION FOUNDATION FOR DENTAL HEALTH.All rights reserved. 個人情報の取り扱いについて個人情報保護方針
ウェブサイトご利用条件