LDH
TOPへ 公益財団法人ライオン歯科衛生研究所
財団の活動 オーラルケアの基礎 口腔保健教材 情報ライブラリー お問合せ リンク
オーラルケアの基礎
歯と口腔内の基礎知識
歯の構造
歯の汚れ
むし歯
口臭
歯周病
歯みがき剤
歯ブラシ
知覚過敏
歯みがき方法
親知らず
歯間ブラシ
子どものむし歯
歯の生えかわり
フッ素(フッ化物)
入れ歯
デンタルフロス
出版活動
歯周病
歯周病とは、歯を支えている歯周組織(歯肉・歯根膜・歯槽骨・セメント質)に炎症が起こる病気の総称です。炎症が歯肉だけにある状態を「歯肉炎」といい、炎症が歯肉から歯槽骨や歯根膜にまで広がった状態を「歯周炎」といいます。
歯周病の特徴は、silent disease と言われるように、気づかないうちに進行していくことです。痛みや腫れが少ないために放置してしまうことが多く、気がついた時には歯を支える歯槽骨が吸収され、歯がグラグラしたり、ものが噛めなくなり、最後には歯周組織が歯を支えきれなくなり、歯が抜け落ちたりします。歯周病は、多くの成人がかかっている病気ですが、小中学生などの若年層にまでも広がりを見せてきています。
また最近では、歯周病が生活習慣病などの全身の病気と関連していることもわかってきています。つまり歯周病は口の中だけの病気ではなく、全身の健康と強くかかわりのある病気なのです。

1.歯周病の原因
(1) プラーク(歯垢)
歯周病の直接の原因はプラークです。プラークは複数の細菌がコミュニティーを作って増殖したバイオフィルムであり、歯周病細菌(表1)は酸素の少ないところを好むため、主に歯周ポケットの中に存在しています。

表1.主な歯周病細菌
Porphyromonas gingivalis
Actinobacillus actinomycetemcomitans
Tannerella forsythia (Bacteroides forsythus)
Treponema denticola
Prevotella intermedia

(2) リスクファクター(危険因子)
歯周病の直接の原因はプラーク(歯垢)ですが、「口腔内の環境」や「生活習慣」の中には間接的に歯周病を悪化させるリスクファクター(危険因子)が潜んでいます。歯周病が生活習慣病の一つといわれるのはそのためです。 歯周病予防には、適切なブラッシングでプラークを取り除くことと歯周病のリスクファクターを少なくすることが大切です。

2.歯周病のリスクファクター
歯周病のリスクファクター

(1)局所的なリスクファクター(口腔内の環境など)
プラークを増殖させたり、歯肉の炎症を悪化させたりする要因がリスクファクターとして考えられます。
【歯石】
プラークを放置すると、唾液中のカルシウムなどが沈着し歯石になります。この歯石にはプラークがつきやすいため、歯周病をさらに悪化させる要因になります。

【歯並び】
歯並びが悪いところはブラッシングが不十分になりやすく、そのためプラークがたまり炎症が起こりやすくなります。

【不適合な冠など】
歯に合っていない冠(クラウン)などの周りにはプラークがたまりやすくなります。

【不良習癖】
「口呼吸」や「歯ぎしり」など、日常的に癖になっている悪い習慣のことで、歯周病を悪化させたりします。
「口呼吸」や「歯ぎしり」など、日常的に癖になっている悪い習慣のことで、歯周病を悪化させたりします。
・ 口呼吸 : 口で呼吸する癖がある場合、口の中が乾燥しプラークがつきやすくなります。
・ 口呼吸 : <また、歯肉の抵抗力が弱まり炎症がおきやすくなります。
・ 歯ぎしり : 歯ぎしりのような横から加わる力にはきわめて弱く、歯周組織に負担がかかり
・ 歯ぎしり : 歯周病を悪化させる原因になります。
(2)全身的リスクファクター(生活習慣など)
近年、生活習慣が歯周病を引き起こしたり、悪化させたりするリスクファクターになっていることがわかってきました。歯周病を予防・改善していくためには、口腔内環境はもちろん、生活習慣を見直してリスクファクターを減らし、全身の健康状態をととのえていくことが大切です。
【喫煙】
喫煙は歯周病を悪化させる大きなリスクファクターです。喫煙は血管を収縮させて歯肉の血行不良をひきおこします。そのため、見かけの歯肉の炎症は少ないのですが、歯周病細菌に対する抵抗力が低下し歯周病を重症化させます

【ストレス】
精神的ストレスによって体の抵抗力が弱くなったり、生活習慣(ブラッシング、喫煙、食生活など)が変化したりすることで歯周病が悪化しやすい状態になります。

【食習慣】
甘いもの、やわらかいものを多く食べる習慣は、歯周病の原因であるプラークを増殖させ、つきやすくします。また、不規則な食事、栄養の偏りは全身の健康に悪影響を与えます。

(3)全身の健康への影響
最近の研究で、歯周病およびその原因である歯周病細菌が、心臓病や肺炎など、全身の疾患と関係があることがわかってきました。歯周病予防や早期の治療は全身の健康のためにも大切です。
【早産や低体重児出産】
歯周病にかかっている人では「早産」や「低体重児出産」の危険性が高いことがわかってきています。

【心循環器疾患】
歯周病にかかっている人では「冠状動脈疾患」などの心臓血管疾患になる危険性が高いことがわかってきています。

【脳血管疾患】
歯周病にかかっている人では「脳卒中」などの脳血管疾患になる危険性が高いことがわかってきています。

【糖尿病】
最近の研究では、徹底した歯周治療で血糖値が改善されることがわかってきました。

【呼吸器疾患】
嚥下障害(ものを飲み込む時の障害)があると、口の中の細菌が誤って気管に入り、肺炎が引き起こされることがあります。このようにして起きる肺炎を誤嚥性肺炎(嚥下性肺炎)と呼びます。特に、高齢者では物を飲み込む際の反射(嚥下反射)が鈍くなっているため、誤嚥性肺炎の危険性が高いことがわかっています。
3.歯周病の進行
歯周病はその進行段階によって大きく2つに分けられます。 炎症が歯肉だけにある状態を「歯肉炎」といい、炎症が歯肉から歯槽骨や歯根膜にまで広がった状態を「歯周炎」といいます。「歯周炎」は進行状態により軽度、中度、重度に分類されます。
「歯肉炎」の段階であれば専門的な予防処置、家庭での歯みがきなど適切なケアを行えば健康な歯肉を取り戻すことができます。
「歯周炎」の段階に入っても歯科医師による治療や専門的な処置などの適切なケアによって、それ以上の進行を防止することが可能です。重度の歯周炎に進行してしまうと、外科的な処置が必要であったり、最悪の場合には抜歯が必要になり、歯を失うことになります。

健康な歯周組織
歯肉の色は薄いピンク色で、歯と歯肉の境目の歯肉溝は1〜2mm程度です。この歯肉溝から歯周病が始まります。

健康な歯周組織

歯肉炎
歯肉溝に歯垢がたまった状態が続くと、歯肉に炎症が起き、腫れて歯肉ポケットになります。歯槽骨は、まだ吸収されていません。

歯肉炎

歯周炎(軽度)
歯肉の炎症がひどくなり、歯周病菌が歯周組織に侵入、歯槽骨や歯根膜も破壊され始めました。歯周ポケットが形成され歯根に向かって深くなり、歯垢や歯石がたまってきます。

歯周炎(軽度)

歯周炎(中度)
炎症がさらに拡大し、歯槽骨も半分近くまで破壊が進んでいます。歯がぐらつき始め、歯周ポケットもさらに深くなります。

歯周炎(中度)

歯周炎(重度)
歯槽骨が半分以上破壊され、歯はぐらぐらになっています。

歯肉炎(重度)

Copyright (C) THE LION FOUNDATION FOR DENTAL HEALTH.All rights reserved. 個人情報の取り扱いについて個人情報保護方針
ウェブサイトご利用条件