LDH
TOPへ 公益財団法人ライオン歯科衛生研究所
財団の活動 オーラルケアの基礎 口腔保健教材 情報ライブラリー お問合せ リンク
オーラルケアの基礎
歯と口腔内の基礎知識
歯の構造
歯の汚れ
むし歯
口臭
歯周病
歯みがき剤
歯ブラシ
知覚過敏
歯みがき方法
親知らず
歯間ブラシ
子どものむし歯
歯の生えかわり
フッ素(フッ化物)
入れ歯
デンタルフロス
出版活動
口臭
口臭の原因の80%以上が口腔内にあるとされています。不快と感じる口臭の成分は多いのですが、中でも揮発性の硫黄化合物が主な原因成分として考えられます。
これは口の中の嫌気性菌が、はがれた粘膜上皮細胞、歯周ポケットからの浸出液や食物残渣などのたんぱく質成分を分解して発生するものです。 揮発性硫黄化合物は主に次の3種類のガスからなります。
・ 硫化水素(卵の腐乱臭)
・ メチルメルカプタン(たまねぎの腐ったような臭い)
・ ジメチルサルファイド(キャベツの腐ったような臭い)

口臭はこれらのガスが混合した臭いです。
口臭の種類と原因
1. 生理的口臭
起床直後、空腹時、緊張時は唾液の分泌が減少し、細菌が増殖して口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物が増えるために起こります。 また、加齢による口臭の増加および女性の生理にともなう口臭の増加が報告されています。 これらは健康な人でも発生する口臭で、歯みがきや食事をすることにより減少します。
舌苔は口臭と関連しており、主要な発生部位となります。

※舌苔とは舌の表面に灰白色〜褐色に見える苔状のもので、はがれた細胞や細菌、食べカスなどが付着したものです。
口臭のグラフ
2.外因的口臭
ニンニク、ネギなどの有臭食品、酒、タバコ等による口臭で、多くは時間の経過とともに弱まります。

3.病的口臭
(1) 口腔由来
歯周病、進行したむし歯など、口腔内にある原因で起きる口臭です。
(2)全身由来
鼻や喉の病気、呼吸器系、糖尿病などの病気が原因で口臭が起こる場合もあります。

4.心因性口臭
口臭検査でも口臭が認められない者で、本人だけが口臭があると思い込む口臭で、自臭症とも言われます。ストレスや精神的に不安定な場合に多く見られます。
口臭予防のポイント
1. 歯ブラシ、歯みがき剤、歯間清掃用具を使って口の中を清潔に保ちましょう。
2. 歯科医院で定期健診を受け、歯周病やむし歯にかかっていないかみてもらいましょう。また、歯石除去や専門家による歯の清掃を受けましょう。
3. 緊張やストレスをためないよう心がけ、規則正しい生活をしましょう。
清掃のポイント
口臭予防の基本は口臭のもととなる汚れを落とし、清潔に保つことにあります。
次の清掃法を参考にしながら口臭を予防しましょう。

●ブラッシング: プラーク(歯垢)除去が基本です
(1) 歯を裏側、表側、かみ合わせの面に分けてみがきましょう。
(2) みがき残しをなくすために、みがく順番を決めてみがきましょう。
(3) 寝る前のブラッシングでは、とくに丁寧にみがくように心がけましょう。

●歯間清掃: 歯と歯の間のプラークは歯ブラシだけでは除去できません。
(1) 歯と歯の間のすき間(歯間)は、歯間清掃用具を使って清掃しましょう。
(2) 1日1回は歯間清掃を行いましょう。
(3) 歯と歯の間のすき間の状態に応じてデンタルフロス、歯間ブラシを使い分けましょう。
デンタルフロス 歯間ブラシ

歯と歯の間のすき間が狭い場合

歯と歯の間のすき間が広い場合


●舌清掃: 舌の上にたまる舌苔は細菌などの汚れで、生理的口臭の主な発生源になります。
舌を見て、舌苔がついている場合は舌を清掃しましょう。
<方法>
(1) 鏡で舌苔が付着しているところを確認する。
(2) 舌苔が付着している部分に歯ブラシを横にあてる。
(3) 奥から手前に向かって、軽い力で3回くらい動かして清掃する。
注意:舌は、やわらかい組織です。舌の表面を傷つけないように軽い力で清掃しましょう。

●入れ歯の清掃: 汚れや細菌が付着しやすく、口臭発生の原因になります。
(1) 食後は入れ歯を外し、入れ歯と残っている歯をそれぞれ清掃しましょう。
(2) 義歯洗浄剤を用いて毎日洗浄しましょう。

●その他: 洗口剤・口中清涼剤の使用
口の中を爽快にさせるだけでなく、口臭のもとを洗浄、除菌、マスキングして口臭を予防します。
口臭が気になる場合、使用しましょう。

Copyright (C) THE LION FOUNDATION FOR DENTAL HEALTH.All rights reserved. 個人情報の取り扱いについて個人情報保護方針
ウェブサイトご利用条件