LDH
TOPへ 公益財団法人ライオン歯科衛生研究所
財団の活動 オーラルケアの基礎 口腔保健教材 情報ライブラリー お問合せ リンク
オーラルケアの基礎
歯と口腔内の基礎知識
歯の構造
歯の汚れ
むし歯
口臭
歯周病
歯みがき剤
歯ブラシ
知覚過敏
歯みがき方法
親知らず
歯間ブラシ
子どものむし歯
歯の生えかわり
フッ素(フッ化物)
入れ歯
デンタルフロス
出版活動
入れ歯
デンタルフロスは、歯ブラシの毛先が届きにくい歯と歯の間(歯間部)の清掃に使います。
デンタルフロスは弾力性のある細いナイロンのフィラメント(とても細い繊維)を数多くより合わせて作られています。このフィラメントが歯と歯の間に広がり、プラーク(歯垢)を捕らえて取り除きます。
フィラメントの拡大写真
1.デンタルフロスの種類
デンタルフロスには、糸まきタイプとホルダータイプの2種類あります。
自分の使いやすいタイプを選びましょう。

(1)糸まきタイプのデンタルフロス
必要な長さを切り取り、指で操作して歯と歯の間を清掃するタイプです。

(2)ホルダータイプのデンタルフロス
ホルダーにフロスが取り付けられているもので、指での操作が難しい方や初めて使う方に使いやすいタイプです。
2.デンタルフロスの必要性
歯と歯の間は歯ブラシの毛先が届きにくいためプラークが残りやすく、むし歯や歯周病が発生しやすい場所です。デンタルフロスは、歯間部のプラークを効率よく取り除きます。

歯間部のプラークは、歯ブラシだけでは60%程度しか取り除くことができません。
しかし、歯ブラシと併せてデンタルフロスを使うことで90%近くのプラークを取り除くことができます。

3.デンタルフロス(糸まきタイプ)の使い方とポイント


STEP 1
デンタルフロスを40cmくらいに切り、両手の中指に2〜3回巻きつけ、15cmくらいの長さにしてピンと張ります。



STEP 2
両手の親指と人差し指で糸をつかみ操作します。

STEP 3
使う部位に合わせ、下の図を参考に歯と歯の間にゆっくり、小さく動かしながら挿入します。
基本的な操作法

【ポイント1】
コンタクトポイント(歯と歯の接しているところ〉を通す時は少しきつい感じがします。勢いよく挿入すると歯肉を傷つけるので注意しましょう。


STEP 4
コンタクトポイントを通過したら、歯肉の少し中まで(スッと入るところまで)デンタルフロスを挿入します。



STEP 5
歯に巻きつけるようにして、歯の面を2〜3回上下にこすってプラークを取り除きます。


【ポイント2】
隣り合った歯の面を同じように清掃します。

【ポイント3】
別の歯間部に使う時には、新しい糸の部分にずらし、操作を繰り返します。


STEP 6
取り出す時も、ゆっくり小さく動かしながら取り出します。
全ての部位の清掃が終わったら、うがいをします。



【ポイント4】 詰め物に引っかかるなどでうまく外せない時は、無理に外そうとせず、一方の指の糸を外して、外側に引き抜くようにしましょう。

4.ホルダーつきデンタルフロスの使い方
ホルダーにデンタルフロスが取り付けてあるため、簡単に操作できるようになっています。デンタルフロスを初めて使う方、上手にできないという方に向いています。
ホルダーの形によって、使用する部位での使いやすさが異なります。
使い方は、指に巻きつけて使う場合と同じように使います。
ホルダーつき

5.デンタルフロスを使うときの注意
  • 1)使い方がわからない場合は、歯科医師や歯科衛生士の指導を受けましょう。
  • 2)少なくとも1日1回、ブラッシング後に使いましょう。
  • 3)鏡を見て、場所を確認しながら歯肉を傷つけないように使用しましょう。
  • 4)糸が引っかかったり、ほつれたりする場合は、歯と歯の間にむし歯や歯石がある場合があります。歯科医院で相談しましょう。
  • 5)子どものむし歯予防のためにもデンタルフロスは必要です。自分では上手にできない子どもには保護者の方がしてあげましょう。
  • 6)歯と歯の間のすき間が広い部位には、歯間ブラシを使いましょう。



Copyright (C) THE LION FOUNDATION FOR DENTAL HEALTH.All rights reserved. 個人情報の取り扱いについて個人情報保護方針
ウェブサイトご利用条件