LDH
TOPへ 公益財団法人ライオン歯科衛生研究所
財団の活動 オーラルケアの基礎 口腔保健教材 情報ライブラリー お問合せ リンク
オーラルケアの基礎
歯と口腔内の基礎知識
歯の構造
歯の汚れ
むし歯
口臭
歯周病
歯みがき剤
歯ブラシ
知覚過敏
歯みがき方法
親知らず
歯間ブラシ
子どものむし歯
歯の生えかわり
フッ素(フッ化物)
入れ歯
デンタルフロス
出版活動
入れ歯
入れ歯で快適に過ごすには、普段のお手入れが大切です。
1.入れ歯の必要性
歯を抜けたままにしておくと、かむ力が低下するばかりでなく、残りの歯に負担がかかり、歯が傾いたり、伸びたりして、かみ合わせが悪くなってきます。
2.入れ歯の特徴と注意点
(1)特徴
  • 主に合成樹脂でできているため、吸水性があり、汚れや細菌、臭いなどを吸着しやすい。
  • 傷つきやすく、衝撃に弱いため壊れやすい。
  • 装着中は自浄作用が働きにくく、粘膜と入れ歯のすき間や維持装置(バネ)に細菌が繁殖しやすい。

(2)入れ歯で快適に過こすための注意点
  • 毎日のお手入れで清潔に保ちましょう。
  • 残っている歯と歯肉のお手入れをしましょう。
  • 落としたり強い力でこすったりしないように注意しましょう。
  • かかりつけの歯科医院で定期健診を受けましょう。

3.入れ歯の清掃の必要性と方法
入れ歯も歯と同じように食べかすやプラーク(歯垢)がつきます。毎日のお手入れで清潔を保つことが大切です。
(1)入れ歯が汚れたままだと・・・
細菌やカビが繁殖しやすくなり、さまざまなトラブルの原因になります。
  • 口臭が発生しやすくなります。
  • 義歯性口内炎の原因になります。
  • 入れ歯に色素沈着や歯石沈着がおこります。
  • 部分入れ歯の場合、維持装置をかける歯がむし歯や歯周病になりやすくなります。

(2)毎食後にするお手入れ方法
食後は入れ歯をはずして流水下で清掃しましょう。
手の平にのせて歯ブラシで清掃しましょう。 維持装置を変形させないようにしましょう。
入れ歯みがきの注意点
  • 小さな入れ歯でも必ずはずしてからみがきましょう。
  • ゴシゴシと力を入れすぎないようにしましょう。
  • 落として破損したり排水口に流したりしないように、水を張った洗面器などの上で清掃しましょう。

(3)就寝前など1日1回は入れ歯洗浄剤で清掃しましょう
入れ歯洗浄剤を使用するとブラッシングだけでは落しきれない汚れや細菌を化学的に除去することができます。

入れ歯洗浄剤の使用方法
ブラシを用いて流水下で清掃する。  
   
ぬるま湯に義歯洗浄剤を入れてすぐに入れ歯を浸漬する。
入れ歯
  • 浸漬時間は使用方法に従ってください。
  • 変形の原因になるため熱湯は厳禁です。
  • 就寝時の入れ歯の装着については歯科医師の指示に従ってください。
歯ブラシで浮き上がった汚れと義歯洗浄剤を洗い流す。
入れ歯
   
(4)残っている歯と歯肉も大切にしましょう
維持装置をかける歯や入れ歯と接している面に汚れがたまりやすく、むし歯や歯周病になりやすいので、ていねいにみがきましょう。
入れ歯
維持装置のまわりの歯や孤立した歯のみがき方の工夫
入れ歯
歯ブラシを横から入れて小さく動かしてみがきましょう。
注意点
粘膜や舌の汚れが気になる場合は柔らかい毛の歯ブラシで清掃しましょう。
4.こんな場合はすぐ歯科医院へ
  • 入れ歯があたって歯肉が痛い。
  • 入れ歯がはずれにくい。
  • 入れ歯が安定しない。
  • 入れ歯がこわれた。

*お口の状態は年齢とともに変化します。入れ歯の具合が悪い場合、自分で調節せず、歯科医院でご相談ください。
*より快適に入れ歯を使用するために定期健診を受けましょう。


Copyright (C) THE LION FOUNDATION FOR DENTAL HEALTH.All rights reserved. 個人情報の取り扱いについて個人情報保護方針
ウェブサイトご利用条件