LDH
TOPへ 公益財団法人ライオン歯科衛生研究所
財団の活動 オーラルケアの基礎 口腔保健教材 情報ライブラリー お問合せ リンク
オーラルケアの基礎
歯と口腔内の基礎知識
歯の構造
歯の汚れ
むし歯
口臭
歯周病
歯みがき剤
歯ブラシ
知覚過敏
歯みがき方法
親知らず
歯間ブラシ
子どものむし歯
歯の生えかわり
フッ素(フッ化物)
入れ歯
デンタルフロス
出版活動
歯の生えかわり
1.乳歯から永久歯への生えかわり
身体の成長にともなってあごも成長し、6歳頃から12歳頃にかけては「乳歯」から「永久歯」へと生えかわっていきます。永久歯が生えそろうと、かむ力が強くなり、いろいろな食べ物を上手に食べられるようになります。
(1)あごの中で作られる永久歯
乳歯のもとになる歯胚は妊娠7〜10週目につくられます。永久歯の中で最も早く生えてくる第一大臼歯や前歯は妊娠3〜5ヶ月頃に歯胚ができはじめ、時間をかけて成長していきます。
生えかわりが始まる6歳頃には(右図)、あごの中で生える準備をしています。生えはじめの歯は未完成で、歯の根まで完成するには2〜3年かかります。
6歳ころのあごの中の状態

(2)あごの中で作られる永久歯
あこの中(乳歯の下)で永久歯のもとになる歯胚ができ、時間をかけて成長していきます。 永久歯の歯冠部が完成し、歯の根の部分が作られ始めると、乳歯の根を溶かす細胞が現れ、少しずつ溶かされていきます。 乳歯の根が溶けていくと、乳歯はグラグラになり抜け落ち、永久歯に生えかわります。

2.乳歯と永久歯
(1)乳歯の抜ける時期、永久歯の生える時期

(2)乳歯と永久歯の違い
色 : 乳歯は白に近く、永久歯は黄色味を帯びている。
大きさ: 乳歯の方が全般に永久歯よりひとまわり小さい。
歯 質: 乳歯のエナメル質・象牙質の厚みは永久歯の半分程度と薄い。
乳歯は永久歯にくらべ石灰化が不十分でやわらかい。

3.生えかわりの時期に注意すること
(1)生えたての歯には積極的な予防をしましょう
生えたての歯の表面は粗いため汚れがつぎやすく、酸に対しても十分な抵抗力がないため、むし歯になりやすい状態にあります。早い時期からフッ素を活用するなど、積極的にむし歯予防をしましょう。
 永久歯表面の電顕写真
生えてまもない状態
成熟した状態
(写真提供:愛知学院大学 中垣晴男教授)

(2)乳歯のむし歯もきちんと治療しましょう
永久歯は乳歯の下で成長しています。いずれ永久歯に生え変わるからといって乳歯のむし歯を放置すると、その後生えてくる永久歯の歯質や歯並びに影響を及ぼします。


(3)口の中を観察しましょう
永久歯が生えてきた時に、乳歯が抜けそうになかったり、歯肉炎が起きていたりしていることがよくみられます。日頃から口の中をよく観察して、何か問題があったら歯科医院で相談しましょう。

4.生えかわり時期のお口のケア
生えかわりの時期は、歯並びがデコボコしていて歯みがきのむずかしい時期です。また、生えたばかりの永久歯は酸に対する抵抗力が弱く、むし歯になりやすい状態にあります。
歯みがきできちんとプラーク(歯垢)を落とし、フッ素で歯を強くしましょう。
(1)歯ブラシの当て方の工夫
生えかわりの時期は、生えている途中の歯があったり、乳歯が抜けて隙間ができたり、歯並びがデコボコしていて歯みがきのむずかしい時期です。歯ブラシの当て方に注意してみがきましょう。
また、お子さん一人では上手にみがけない部分もありますので、点検・確認の意味も兼ねて仕上げみがきを行いましょう。
●凸凹の歯並び

小学校3年生(8歳)
●凸凹の歯並びは…
凸凹している歯1本1本に歯ブラシを縦にあてて毛先を上下に細かく動かしてみがきましょう。
●背の低い歯

小学校1年生(6歳)
●背の低い歯は…
歯ブラシをななめ横から入れて、細かく動かしてみがきましょう。

(2)フッ素(フッ化物)の利用
フッ素には、歯の質を強くする(歯質強化)、歯から溶け出したカルシウムなどを再び歯に沈着させる(再石灰化の促進)、プラーク中で酸がつくられるのを抑える(酸産生の抑制)などの働きがあり、むし歯予防に重要なものです。利用方法として、フッ素塗布や洗口法のほかに歯みがき剤に配合されています。
*フッ素塗布、フッ素洗口については歯科医院で相談しましょう。

(3)歯科医院での予防
歯科医院などで、歯みがき指導や定期健診を受けましょう。
また、フッ素塗布やシーラント(歯の溝に樹脂をうめる予防処置)もむし歯予防に効果的です。
シーラント処置をした歯


Copyright (C) THE LION FOUNDATION FOR DENTAL HEALTH.All rights reserved. 個人情報の取り扱いについて個人情報保護方針
ウェブサイトご利用条件