LDH
TOPへ 公益財団法人ライオン歯科衛生研究所
財団の活動 オーラルケアの基礎 口腔保健教材 情報ライブラリー お問合せ リンク
オーラルケアの基礎
歯と口腔内の基礎知識
歯の構造
歯の汚れ
むし歯
口臭
歯周病
歯みがき剤
歯ブラシ
知覚過敏
歯みがき方法
親知らず
歯間ブラシ
子どものむし歯
歯の生えかわり
フッ素(フッ化物)
入れ歯
デンタルフロス
出版活動
親知らず
1.親知らずとは
歯並びの一番奥に生える歯で、第三大臼歯といいます。 親の手を離れ、物ごとの分別がつくようになった頃に生えてくることから「親知らず」や「智歯(ちし)」とも呼ばれます。
生えてくる時期は一般に18〜20歳頃ですが、個人差があり、もともと親知らずがない人もいます。また、生え方によって、お口のトラブルの原因になることが多い歯です。
2.親知らずの特徴
(1)むし歯・歯周病になりやすい
一番奥に生えるため、歯ブラシの毛先が届きにくく、プラーク(歯垢)除去が困難です。そのため、むし歯や歯周病のリスク(危険度)が高くなります。
(2)正常に生えない場合が多い
斜めに生えたり、横向きに生えるなど、正常に生えない場合が多くみられます。

(3)「智歯歯周炎」の発症
斜めに生えてきた場合、歯と歯肉の間に袋状のすき間ができます。ここにプラーク(歯垢)や食べかすがたまると歯肉に炎症を起こし、腫れや痛みが起きます。このような状態を「智歯周囲炎」といいます。
炎症がひどくなると口が開けにくくなったり、飲み込むときに痛みをともなったりします。
○智歯歯周炎の治療
患部の周囲を洗浄しきれいにします。腫れや痛みがひどい場合は、抗生物質や消炎剤が処方されます。炎症がおさまってから抜歯などの処置をします。

*親知らずが痛むようなことがあったら、早目に歯科医院を受診しましょう。

(4)抜歯が困難
一番奥に生えることに加え、正常に生えないことが多いため、他の歯より抜歯が難しい場合があります。

3.親知らずの生え方とトラブル
正常に生えない場合が多い親知らず。そのため、生え方によって、さまざまなトラブルの原因になることがあります。
■親知らずの生え方
(1)正常な生え方
とくにトラブルがない限り抜歯の必要はありません。
ブラッシングできれいに保ちましょう。

(2)傾斜して生える、水平に生える
斜めや横向きに生えてきて、前にある第二大臼歯を圧迫するようなかたちになります。
よごれもたまりやすくブラッシングも困難なため、隣の歯との間に、むし歯が発生しやすくなります。このような場合は、抜歯の対象になる可能性が高くなります。

(3)水平埋伏
あごの中で横向きになったまま生えてこない状態です。
あごの中で隣の歯の根を刺激して、歯の根やまわりの骨を溶かしてしまうことがあります。このような場合は抜歯することになります。

■よくみられるトラブル
・親知らずは抜かなければいけないの?
正常に生えていて上下の歯でかみ合っている場合、抜く必要はありません。
斜めや横向きに生えて、隣の歯を圧迫しているような場合は、今問題がなくても近い将来に歯ぐぎの炎症やむし歯などの問題発生が予測されます。 そのような場合、抜歯の対象になることが多くなりますので、一度歯科医院で相談するとよいでしょう。

・親知らずが痛くなったら…
親知らずが腫れて痛みがある場合は歯科医院で受診しましょう。一時的に症状が治まっても、体調が悪くなると再び悪化することになります。 抜歯処置は、腫れや痛みがあるときには行えませんので注意しましょう。

・親知らずと歯並び
生えるスペースが不足しているなど、親知らずが前の歯を押して歯並びが悪くなったり、かみ合せに影響したりすることがあります。
気になる場合は歯科医院で相談しましょう。

4.親知らずのみがき方
斜めに生えている親知らずや、生えている途中の親知らずをみがくときは、歯ブラシの毛先をきちんと歯に届かせるように意識してみがきましょう。
●歯ブラシを斜め横から当て小さく動かしてみがく。

●親知らずの手前の歯(第二大臼歯)の後ろ側は、部分清掃用の歯ブラシをつかってみがく。



Copyright (C) THE LION FOUNDATION FOR DENTAL HEALTH.All rights reserved. 個人情報の取り扱いについて個人情報保護方針
ウェブサイトご利用条件